メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

遺伝子

関連キーワード

  • 遺伝子組み換えナタネ(2008年11月12日 夕刊)

    現在輸入が認められているのは、特定の除草剤(グリホサート、グルホシネートなど)に強い性質を加えた品種。国は食品や飼料としての安全を確認。在来植物との競合や交雑、有害物質の産生など生物多様性への影響について懸念する声もあるが、悪影響を及ぼさないと評価している。国内では栽培されていない。日本はナタネを年間約200万トン輸入。大半を占めるカナダ産は約8割が遺伝子組み換えとされる。

  • 遺伝子組み換え(GM)作物(2013年12月22日 朝刊)

    特定の除草剤では枯れない、食べた害虫が死ぬなど特定の機能を持つ遺伝子を組み込んだ作物。世界の食糧需要をまかなう期待がある一方、長期間摂取した場合の安全性に不安の声がある。日本では、厚生労働省と内閣府の食品安全委員会がジャガイモ、大豆、テンサイ、トウモロコシ、ナタネ、ワタ、アルファルフアパパイアの8作物283種類について食用の安全性を確認している。

  • 遺伝子組み換え作物(2017年04月21日 朝刊)

    他の生物の遺伝子を組み込んで「害虫に強い」など新しい特性を持たせた作物。日本では食用の商業栽培は行われていないが、米国や南米などで広く栽培。日本には年間約1800万トンが輸入され、輸入品の大豆、トウモロコシの約9割、ナタネの約8割を占める(2015年推計)。国がアレルゲンや毒素にならないかなどを調べ「安全」と評価したものが流通しているが、商業栽培開始からまだ約20年のため「長期間食べ続けた場合の安全性は検証されていない」と懸念する声もある。

最新ニュース

写真・図版

「被曝の健康影響は心配ない」 福島県の妊産婦調査終了(2021/1/15)

 東京電力福島第一原発事故後、福島県内の妊産婦らを対象に始まった調査は、今年度を最後に終わる。調査で見えてきたこと、残る課題は何なのか。調査の検討委員会の委員で、宮城県立こども病院産科科長の室月淳さん…[続きを読む]

遺伝子をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&w】さっぱり味のしょうが焼き

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    【&TRAVEL】南紀白浜の伊勢エビに感激

    はなのたびたび旅日記

  • 写真

    【&M】「儲かる」は重要ではない

    加速する“閉じる仕事”

  • 写真

    【&w】ビジネスシステムの限界?

    ピエール・カルダン死去の意味

  • 写真

    好書好日女の子はなんでもできる!

    冨永愛さん、絵本初翻訳

  • 写真

    論座コロナ罰則で感染者は増える

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン町田啓太と共に育ちゆくモノ

    バッグと革小物。②

  • 写真

    Aging Gracefully俳優・吉田羊インタビュー

    公私ともに挑戦の日々がつづく

  • 写真

    GLOBE+返済免除の公約実行できるか

    ローンに苦しむ学生の主張

  • 写真

    sippo奄美の猫救う譲渡型猫カフェ

    人のため動物が処分されぬよう

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ