メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

遺産分割

関連キーワード

  • 遺産分割(2016年12月20日 朝刊)

    遺産は相続人同士の話し合いや家裁での「調停」で配分を決めるが、まとまらなければ家裁が「審判」で公平な分配をはかる。相続人の一部が生前贈与を受けていた場合は、他の遺産の受け取り分が減る。不動産、株式などは審判で扱う対象となるが、従来の判例では預貯金は対象にならないとされてきた。審判前でも民法が定める配分比率(法定相続分)に応じ、それぞれの相続人のものになってきた。

  • 相続と遺言(2015年04月26日 朝刊)

    民法の規定では、例えば配偶者と子が相続人の場合は、遺産の半分を配偶者、残り半分を子が受け継ぐ。遺言があると、その内容に基づく遺産分割が優先される。「自筆証書遺言」は全文と日付、氏名を自分で書き、押印する。死後、家裁で相続人らが立ち会って確認する「検認」手続きが必要。「公正証書遺言」は証人2人以上が立ち会い、遺言者の口述を公証人が文書にする。

  • 法定相続と遺言相続(2016年08月24日 朝刊)

    民法は家族が亡くなったときに遺産を引き継ぐ人(法定相続人)とその取り分(法定相続分)を定めている。妻と子どもで相続する場合は2分の1ずつで、子どもが複数の場合、その2分の1を子どもの間で等分する。ただ、法定相続人同士で「遺産分割協議」をして話がまとまれば、取り分を調整できる。一方、故人が遺言を残していると、その内容が優先される。遺言があっても、配偶者などは最低限の取り分(遺留分)が保障される。

最新ニュース

土地の相続、登記義務化へ 所有者不明を防止、法制審議会が原案(2019/12/4)有料会員限定記事

 所有者が不明のまま放置される土地を増やさないための法整備を検討している法制審議会(法相の諮問機関)は3日、相続時の登記を義務化し、違反者に罰則を科すことなどを盛り込んだ中間試案の原案をまとめた。法務…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】LCCよりも実は安い?

    知らないと損するマイル活用術

  • 写真

    【&TRAVEL】彼女が感じる「美しさ」とは

    深川麻衣インタビュー

  • 写真

    【&M】理詰めのスタイリング

    フォードGT

  • 写真

    【&w】パスタならこれ!

    伊藤万理華さんのイケ麺

  • 写真

    好書好日為末大さんが語る手塚漫画

    「ブッダ」から学んだこと

  • 写真

    論座年越し大人食堂と貧困

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンモダンなキューブ型ケーキ

    ザ・リッツ・カールトン東京

  • 写真

    T JAPAN建築家・坂茂の使命

    「ユートピアなど存在しない」

  • 写真

    GLOBE+アリの世界にも「孤独死」

    原因遺伝子を探す研究者

  • 写真

    sippo警察に届けられた犬

    期間内に新しい家が見つかる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ