メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

邪馬台国

関連キーワード

  • 邪馬台国論争と魏志倭人伝(2009年11月11日 朝刊)

    邪馬台国論争は、江戸時代の新井白石や本居宣長らに始まり、候補地は四国や山陰、北陸、東北説、ジャワ島説まで100カ所を超える。有力視されるのが吉野ケ里遺跡などを主な候補地とする九州説と、纒向遺跡などの畿内説だ。「魏志倭人伝」は、正しくは「三国志」魏書東夷伝倭人条(ぎしょとういでんわじんじょう)。編者・陳寿は晋王朝の吏官で、「三国志」は3世紀後半の成立とされる。「倭人は帯方の東南大海の中にあり、山島に依(よ)りて国邑(こくゆう)をなす」で始まり、邪馬台国への経路が登場する。問題になるのが距離と方角だ。魏(中国)から朝鮮半島の「狗邪(くや)韓国」を経て、海を渡って「対馬(つしま)国」「一支(いき)国」へ。さらに北部九州の「末盧(まつら)国」「伊都(いと)国」「奴(な)国」「不弥(ふみ)国」までの小国の推定地と行程については現地名との対照などで九州説も畿内説も、ほぼ一致するところ。問題はその後の「投馬(つま)国」までの「南水行20日」、さらに「邪馬台国」までの「南水行10日」「陸行1月」の行程だ。この通りに南へ進むとはるか南海の洋上に位置することになる。距離が誤りならば九州のどこかにあり、方角の「南」が「東」の間違いなら畿内にたどり着く。

  • 邪馬台国論争と纒向遺跡(2009年11月30日 朝刊)

    3世紀前半に中国・魏の皇帝に使いを送った邪馬台国がどこにあったのかをめぐり、全国的な議論が起こり、奈良を中心とした近畿説と、吉野ケ里説などの九州説が対立している。纒向遺跡で見つかった大型遺構を3世紀の建物跡とみて、邪馬台国の宮殿だった可能性が高いとする見解が近畿説の研究者の一部から示されたが、九州説の論者は、建物の時代はもっと新しいとして反論している。

  • 邪馬台国の都(2011年12月20日 朝刊)

    「魏志倭人伝」には、卑弥呼がいたという都について「宮室・楼観・城柵、厳かに設け、常に人あり、兵を持して守衛す」とある。楼観とは物見櫓(やぐら)のこと。その描写は厳重に守られた町の風景をほうふつさせるが、それが都市と呼べるものなのか、遺構から考古学的にどのようにとらえられるのか、など「都市」の定義も含めて議論が続く。

最新ニュース

写真・図版

古墳の警告 「卑弥呼の鏡」の陰に(2020/2/18)有料記事

■災害考古学 第7部 1993年、神戸市灘区の西求女塚(にしもとめづか)古墳(国史跡)は大きな注目を集めていた。 女王卑弥呼が中国・魏(ぎ)の皇帝からもらった鏡とも言われる「三角縁神獣鏡(さんかくえん…[続きを読む]

邪馬台国をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】空の上のレストランで舌鼓

    フィンエアーで過ごす極上の旅

  • 写真

    【&TRAVEL】中世の家屋が残る村にて

    トスカーナで出会ったネコたち

  • 写真

    【&M】どうせやるならめんどくさく

    ラップユニットchelmico

  • 写真

    【&w】「愛着」は必ず誰かの思い出に

    東京の台所

  • 写真

    好書好日「電車らしい音」を絵本に

    エッセイスト三宮麻由子さん

  • 写真

    論座治療用アプリ、保険適用へ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンあのブランドが復活!

    春の装いにピッタリの一着

  • 写真

    T JAPAN温泉宿から雪国文化を発信

    伝統料理のワークショップも!

  • 写真

    GLOBE+謝罪会見でスッキリ、なぜ?

    カギを握るシャーデンフロイデ

  • 写真

    sippo廃車に閉じ込められた猫

    窓の水滴のみで1カ月生存

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ