メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

野中広務さん死去

野中広務氏

のなか・ひろむ 京都府の園部町議、町長、府議、副知事を務め、1983年、衆院議員に初当選。94年に村山内閣で自治相と国家公安委員長、98年に小渕内閣で官房長官に就任し、99年に沖縄開発庁長官を兼務。2000年、森内閣で自民党幹事長。衆院議員を7期務め、03年10月に政治家を引退した。

最新ニュース

写真・図版

(朝日・東大谷口研究室共同調査)自民、15年で進んだ純化 衆院選の当選者・有権者の分析から(2019/6/13)有料会員限定記事

 意見の似た議員が増える純化が進み、集団的自衛権行使や防衛力強化を唱える議員が増えている――。朝日新聞と東京大学が2003年以降の国政選挙で行っている共同調査で、衆院選の当選者を統計的に分析したところ…[続きを読む]

関連キーワード

  • 内閣官房報償費(官房機密費)(2012年03月23日 夕刊)

    内閣の事務や事業を円滑に進めるため、官房長官の裁量で自由に使えるとされる。年約12億円前後が支出されているが、使途は公開されていない。小渕内閣で官房長官を務めた野中広務氏が2010年、野党議員や政治評論家に配ったと発言。藤村修官房長官は昨年9月、将来的な公開を検討する考えを示した。

野中広務をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ