メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月05日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

野田市

関連キーワード

  • 山陽小野田市の住民投票(2013年03月31日 朝刊)

    投票方法は「次回の一般選挙(10月6日投開票)から市議会議員の定数を20人以下とすること」について、賛成の人は「賛成」の欄に○を、反対の人は「反対」の欄に○を記入する。投票率が50%以上なら即日開票され、有効投票総数の過半数で賛否が決まる。投票率が50%未満なら開票されない。

  • 千葉県野田市の小4死亡事件(2020年01月24日 夕刊)

    昨年1月24日深夜、栗原心愛さん(当時10)が自宅の浴室で死亡した状態で見つかった。浴室に放置して死亡させたとして、父親の勇一郎被告(42)が傷害致死など6件の罪で起訴された。母親(32)は傷害幇助(ほうじょ)罪で懲役2年6カ月保護観察付き執行猶予5年の有罪判決を受けた。勇一郎被告の初公判は2月21日。父親からの暴力を訴えたアンケートのコピーを、野田市教委が勇一郎被告に渡していたことなど、行政の不手際も発覚した。

  • 千葉県野田市の小4死亡事件(2020年01月25日 夕刊)

    昨年1月24日深夜、栗原心愛さん(当時10)が自宅の浴室で死亡した状態で見つかった。長時間立たせたり浴室に放置したりして死亡させたとして、父親の勇一郎被告(42)が傷害致死など6件の罪で起訴された。母親(32)は食事を与えないことで手助けしたとして、傷害幇助(ほうじょ)罪で懲役2年6カ月保護観察付き執行猶予5年の有罪判決を受けた。勇一郎被告の初公判は2月21日にある。心愛さんが父親からの暴力を訴えたアンケートのコピーを、野田市教委が勇一郎被告に渡していたことなど、行政の不手際も発覚した。

最新ニュース

心愛さん虐待死、父親が控訴(2020/4/2)

 千葉県野田市で昨年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10)を虐待死させたとして、傷害致死など六つの罪に問われた父親の勇一郎被告(42)は、千葉地裁の懲役16年(求刑懲役18年)の判決を不服と…[続きを読む]

野田市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】ドライブの楽しみ方

    ラジオDJ・秀島史香さん

  • 写真

    【&TRAVEL】“何げない日常”への賛歌

    永瀬正敏フォトワークス・記憶

  • 写真

    【&M】レクサスUX200の走りと内装

    小川フミオの評価とは<PR>

  • 写真

    【&w】森でいちばんのもふもふ

    ふくろうの赤ちゃん

  • 写真

    好書好日馬鹿ブス貧乏のサバイバル術

    藤森かよこさんの人生指南

  • 写真

    論座新型コロナ発熱者を可視化へ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンやはりBMWはカッコいい。

    M8グランクーペの魅力とは

  • 写真

    T JAPAN濱美奈子のハーモニー占星術

    4月のあなたの運勢は?

  • 写真

    GLOBE+新型コロナと日米同盟

    米軍重視、同盟国の感染状況

  • 写真

    sippo君は君のままでいい

    山育ちの元野良犬「ギー」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ