メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

金華山

関連キーワード

  • 金華山(2020年02月19日 朝刊)

    標高329メートル。山頂の城を斎藤道三や織田信長が拠点としたことで知られる。信長は1567年、斎藤龍興を攻め落として稲葉山城(現・岐阜城)に入城。地名を岐阜に改めた。岐阜城には年間約26万人が訪れる。JR岐阜駅から北に約4キロの市中心部にあり、ふもとの信長の居館跡を含む一帯は岐阜公園になっている。近年の山上部の発掘調査で信長が築いたとみられる天守台(天守の土台)の石垣が見つかり、日本最古の天守台の可能性が指摘されている。

  • 金華山(2017年10月27日 朝刊)

    牡鹿半島の先端に浮かぶ周囲約25キロ、標高445メートルの小島。島にある黄金山神社の言い伝えによれば、奈良時代に国家事業として行われた「奈良の大仏」の建立のため、天平21(749)年に金華山産出の金が献上されたことから、島に神社が建てられたという。東日本大震災による地震と大津波で、桟橋、民宿などが流されたが、徐々に元の姿に戻りつつある。

  • 長良川温泉泊覧会(2012年01月07日 朝刊)

    鵜(う)飼いにとどまらず、観光地としての岐阜の魅力を発信しようと、2011年10月に開いた。Zazenや古酒の飲み比べ、森林インストラクターとの金華山ハイキングなど100の企画を用意した。県と実行委員会の共催。実行委の構成はNPO法人、業界団体、行政など幅広い分野にわたる。

最新ニュース

写真・図版

開幕まだでも気分を向上 鵜飼いTシャツなど販売 岐阜(2021/6/7)

 1300年の歴史を誇る岐阜市の夏の風物詩「長良川鵜飼(うかい)」。今季は新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の適用で、開幕が6月21日以降にずれ込むなか、少しでも鵜飼いを盛り上げようと、初の…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ