メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

金融政策 私の視点

 日本銀行の黒田東彦総裁が、就任直後の2013年4月に大規模な金融緩和を始めて4年余り。当初の目標の「2年で物価上昇率2%」は達成できず、マイナス金利政策で金融市場は混乱し、昨秋には国債を買う「量」から「金利」に政策の軸足を移さざるを得なくなった。出口が見えない緩和策への不安の声も出る中、日銀の政策はどうあるべきか。問題点と提言を識者に聞いた。

◆金融政策キーワード

PR情報

最新ニュース

写真・図版

東証終値953円安、ワクチン接種も株価も出遅れの日本(2021/6/21)会員記事

 21日の日経平均株価は一時1千円超下げ、終値は前週末比953円15銭安の2万8010円93銭だった。米国の利上げが早まるとの見方から、幅広い銘柄が売られた。下げ幅は2月26日以来約4カ月ぶりの大きさ…[続きを読む]

PR注目情報

注目コンテンツ