メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

金融緩和

関連キーワード

  • 金融緩和(2015年11月27日 朝刊)

    中央銀行(日銀)が金利を引き下げて、人々や企業がお金を借りやすくすること。08年のリーマン・ショック以降、世界の先進国で金利はほぼゼロとなった。そのため、各国の中央銀行は国債などを市場から買い上げ、さらにお金を市場に大量に流し込む政策をとっている。金融緩和には、政府の安易な借金を助長しているという批判がある。

  • 日本銀行の追加金融緩和(2010年12月22日 朝刊)

    円高で景気の先行き不安が高まったのを受けて10月5日に打ち出した。柱は次の三つ。(1)政策金利を従来の「年0・1%前後」から「年0〜0・1%」に引き下げ、約4年3カ月ぶりに事実上の「ゼロ金利政策」に復帰、(2)「物価の安定が展望できる情勢になった」と判断するまでゼロ金利を続ける「時間軸政策」を導入、(3)5兆円で国債のほか、不動産投資信託(J—REIT)や株価指数連動型上場投資信託(ETF)などの購入を始めるため、従来の資金供給と合わせて計35兆円の基金を創設。損失の恐れがあるETFとJ—REITを日銀が買うのは初めて。

  • 日本銀行の過去最大の金融緩和(2014年03月15日 朝刊)

    2015年までの2年で物価上昇率を2%に引き上げる、という目標を達成するため、日銀が市場に流すお金の量を14年末までに2倍に増やす。銀行同士で短期間貸し借りする市場の金利は実質ゼロ%まで下がり、日銀はもう下げられない。このため、金融機関がもつ国債を大量に買って市場にお金を流し、銀行が企業や個人に長期間貸す時の金利なども下がるようにする。景気回復への期待を高め、投資や消費を活発にするねらいがある。過去の緩和と規模や内容が違うことから、日銀は「量的・質的金融緩和」と呼ぶ。

最新ニュース

トランプ再選は民主主義や世界秩序に負の影響をもたらす(2020/2/22)

 戦後日本のあり方を規定してきたのは、アメリカとの安全保障条約である。今年は、その日米安保条約が改定されて今日の形になってから60年。冷戦の時代にソ連の脅威に対抗してスタートした日米安保だったが、19…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】空の上のレストランで舌鼓

    フィンエアーで過ごす極上の旅

  • 写真

    【&TRAVEL】エメラルド色の水にうっとり

    魅せられて 必見のヨーロッパ

  • 写真

    【&M】“名”レーシングカー

    ジャガーDタイプ

  • 写真

    【&w】食べるのがもったいない

    小豆そのままの生きんつば

  • 写真

    好書好日五輪・最後の出場枠への決意

    プロサーファー野中美波さん

  • 写真

    論座死について語り合おう

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンホテルで買う老舗の和菓子

    The Okura Tokyo

  • 写真

    T JAPAN片岡孝太郎から千之助へ

    新時代へ家の芸をつなぐ

  • 写真

    GLOBE+笑顔で謝るあの子は誰?

    工事現場看板の笑顔の理由

  • 写真

    sippo林に捨てられ骨折していた猫

    それでも見つかった温かな家

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ