メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

金融緩和

関連キーワード

  • 金融緩和(2015年11月27日 朝刊)

    中央銀行(日銀)が金利を引き下げて、人々や企業がお金を借りやすくすること。08年のリーマン・ショック以降、世界の先進国で金利はほぼゼロとなった。そのため、各国の中央銀行は国債などを市場から買い上げ、さらにお金を市場に大量に流し込む政策をとっている。金融緩和には、政府の安易な借金を助長しているという批判がある。

  • 日本銀行の追加金融緩和(2010年12月22日 朝刊)

    円高で景気の先行き不安が高まったのを受けて10月5日に打ち出した。柱は次の三つ。(1)政策金利を従来の「年0・1%前後」から「年0〜0・1%」に引き下げ、約4年3カ月ぶりに事実上の「ゼロ金利政策」に復帰、(2)「物価の安定が展望できる情勢になった」と判断するまでゼロ金利を続ける「時間軸政策」を導入、(3)5兆円で国債のほか、不動産投資信託(J—REIT)や株価指数連動型上場投資信託(ETF)などの購入を始めるため、従来の資金供給と合わせて計35兆円の基金を創設。損失の恐れがあるETFとJ—REITを日銀が買うのは初めて。

  • 日本銀行の過去最大の金融緩和(2014年03月15日 朝刊)

    2015年までの2年で物価上昇率を2%に引き上げる、という目標を達成するため、日銀が市場に流すお金の量を14年末までに2倍に増やす。銀行同士で短期間貸し借りする市場の金利は実質ゼロ%まで下がり、日銀はもう下げられない。このため、金融機関がもつ国債を大量に買って市場にお金を流し、銀行が企業や個人に長期間貸す時の金利なども下がるようにする。景気回復への期待を高め、投資や消費を活発にするねらいがある。過去の緩和と規模や内容が違うことから、日銀は「量的・質的金融緩和」と呼ぶ。

最新ニュース

写真・図版

サラ川で時代をしのぶ32年 平成最後のサラリーマン川柳(2019/5/23)有料記事

 上司と部下の葛藤や夫と妻の愛憎を詠み、会社員らの共感を集める「第一生命サラリーマン川柳(サラ川〈せん〉)」。始まったのは1987(昭和62)年で、30年余にわたって時々の流行や世相を映してきた。昭和…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ