メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

米国の銃規制は

関連キーワード

  • 米国の銃規制(2012年10月12日 朝刊)

    米国では約3億丁もの銃が流通するとされるが公式統計はない。販売時に犯歴審査が義務づけられているが、展示即売会では審査なしで買える。年間約3万人が銃で命を落とすと言われ、抜け道をなくすべきだとの声がある。約400万人の会員を持つ全米ライフル協会(NRA)は銃規制に強固に反対。08年には、銃規制を掲げたオバマ氏の当選を阻止しようと1千万ドル以上を投じたとされる。

  • 米国と銃(2013年05月08日 朝刊)

    全米ライフル協会(NRA)によると、人口約3億1500万人の米国で、民間人が所有する銃は約3億丁。合衆国憲法修正第2条は「武器を保持、携帯する人民の権利は侵害されない」と定めている。米上院では4月、コネティカット州ニュータウンの事件で使われた殺傷力が高いアサルト・ウエポン(突撃銃)の規制や、11発以上の銃弾が入る弾倉の販売禁止などを定めた銃規制強化の法案が否決された。

  • 服部剛丈さん銃撃事件(2018年10月19日 朝刊)

    1992年10月18日(日本時間)、米ルイジアナ州バトンルージュで、愛知県立旭丘高校の2年生だった剛丈さんがハロウィーンパーティーで訪れる家を間違え、住人の男性に銃で撃たれて死亡した。男性は「フリーズ(動くな)」と警告し、歩み寄って来た剛丈さんを撃った。事件をきっかけに両親は「YOSHIの会」を結成。銃規制運動を始め、当時のクリントン大統領との面会を実現したほか、短銃の購入を規制する「ブレイディ没成立に貢献した。

最新ニュース

写真・図版

トランプ氏を「シロ」とした報告書 ロシア疑惑の今後は(2019/4/19)有料会員限定記事

 《トランプ大統領が自らに迫りくる捜査に圧力をかけたかのような数々の行為は認められた。だが、それは自らが潔白と考える問題について捜査を受け、メディアなどで攻撃されることに怒り、憤っていたからだった。捜…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    【&TRAVEL】屋久島でイシガキダイを釣る

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&M】ユーモアがテーマの作品展

    遊び心の本質を問い直す

  • 写真

    【&w】絲山秋子の新作を追う理由

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日外はカリカリ、中はふわっ

    かもめ食堂のシナモンロール

  • 写真

    論座津田梅子の苦闘と見果てぬ夢

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンサクセスレストラン⑪

    こだわりの和食でじっくり接待

  • 写真

    T JAPANNYで話題のデザイナーズ壁紙

    色と柄の摩訶不思議な世界へ

  • 写真

    GLOBE+遊牧民の知恵、この一皿に

    食と暮らし世界ぐるり旅

  • 写真

    sippo橋の上にいたフラフラの子猫

    わが家の長男梵天丸との出会い

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ