メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

長崎くんち

関連キーワード

  • 長崎くんち(2019年10月04日 夕刊)

    諏訪神社(長崎市)の秋の大祭で、7年に1度持ち回りで巡ってくる旧長崎市街の当番町「踊町(おどりちょう)」が、それぞれ町ごとの自慢の演(だ)し物を披露する。川船など船に車を付けて引く「曳物(ひきもの)」、龍踊(じゃおどり)、獅子踊や本踊といった「踊り」など多彩だ。400年近い歴史があり、「長崎くんちの奉納踊」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。

  • 竹ン芸(2010年10月13日 朝刊)

    若宮稲荷などによると、竹ン芸は約200年前には既にに長崎くんちの演(だ)し物として諏訪神社(長崎市上西山町)に奉納されていた。若宮稲荷で奉納されるようになったのは、1896年にあった正遷宮式が最初という。境内の周囲にあった竹林で祭りの囃子(はやし)に合わせて戯れる狐の様子を表現している。起源については、中国人居留地の羅漢踊(らかんおどり)をまねたものなど複数の説がある。使用する狐の面は1996年に新調した。和紙を重ねて作った張り子だ。下あごは独立していて、演じる人が口で動かす。はやしも独特で「竹ン芸囃子」という曲に「ヨイショ」とかけ声が入る。技を決めた時に見せる、親指と人さし指で輪を作って宝珠を表すポーズが愛らしい。竹ン芸は14日午後2時と同8時、15日正午と午後3時、同8時の計5回、奉納される。

  • くんち(2011年10月05日 朝刊)

    秋の収穫祭が行われる旧暦9月9日(重陽の節句)の日付、「くにち」が語源だとされるが、諸説ある。長崎くんち、佐賀の唐津くんちなど、北部九州地方には数多く存在している。長崎市周辺の郷くんちは、長崎くんちが終わった10月中旬ごろから11月上旬にかけて開催のピークを迎える。キツネに扮した2人が竹の上で踊る若宮稲荷(長崎市伊良林2丁目)の「竹ン芸」も、郷くんちの一つに数えられている。

最新ニュース

写真・図版

郷土史家の故越中哲也さん、長崎栄誉市民に(2021/10/21)

 長崎の秋の風物詩・長崎くんちのテレビ解説者として知られ、9月に99歳で亡くなった郷土史家の越中哲也さんに対し、長崎市が「長崎の歴史や文化の魅力を広く伝えてきた」として「栄誉市民」の称号を贈ることを決…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】先生の背中を追いかけて

    花のない花屋

  • 写真

    【&M】神秘を感じるサウンド

    柴田聡子“亡霊感”のある曲

  • 写真

    【&Travel】老舗料亭の味、お取り寄せ

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】超便利な料理道具がずらり!

    注目のキッチンウェアメーカー

  • 写真

    【&w】マリトッツォの次はこれ!

    カスタード入りのボンボローニ

  • 写真

    好書好日AIが作った俳句の価値は

    フルポン村上の俳句修行番外編

  • 写真

    論座政治の構造的問題と政権交代

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンモンブランのトートバッグ

    モダンなエレガンスを表現

  • 写真

    Aging Gracefully無理のない“持続可能な体”

    美しい女性の習慣とは

  • 写真

    GLOBE+元密売人専門家の思い

    壮絶な経験、若者を救う武器に

  • 写真

    sippoペットロスを先取り?

    歯石取りで愛猫が半日入院!

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ