メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

長州藩

関連キーワード

  • 吉田松陰(2014年01月29日 夕刊)

    1830〜59。長州藩出身。54年、下田沖の米・ペリー艦隊(黒船)に密航を企てて失敗し投獄された。出獄後は萩で松下村塾(しょうかそんじゅく)を開き、高杉晋作や伊藤博文、山県有朋ら維新の人材を多く育てた。日米修好通商条約に絡んで幕府を批判して再び投獄され、安政の大獄で死罪となった。(絵は松陰神社所蔵「絹本着色・吉田松陰自賛肖像」から)

  • 長州ファイブ(2013年07月03日 夕刊)

    西洋文明を学ばせる目的で、長州藩が英国に密航留学させた若者たち。伊藤博文=初代首相▽井上馨=初代外相▽山尾庸三(ようぞう)=工部卿(きょう)▽遠藤謹助(きんすけ)=造幣局長▽井上鍾鉄道庁長官=の5人。

  • 吉田松陰(1830〜59)(2014年01月24日 朝刊)

    長州藩出身。54年、下田沖の米・ペリー艦隊(黒船)に密航を企てて失敗し投獄された。出獄後は萩で松下村塾(しょうかそんじゅく)を開き、高杉晋作や伊藤博文、山県有朋ら維新の人材を多く育てた。日米修好通商条約に絡んで幕府を批判して再び投獄され、安政の大獄で死罪となった。辞世の句として、弟子にあてた「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留め置かまし大和魂」と、家族あての「親思う心にまさる親心けふのおとずれ何ときくらん」が有名。(写真は松陰神社所蔵「絹本着色・吉田松陰自賛肖像」から)

最新ニュース

隠岐にみる「島国」/愛郷心と愛国心(2019/8/15)

8月は特別な月 日本の国民にとって、8月は特別な月だ。 お盆や高校野球といった行事に、故郷を思う。そのさなかに15日の終戦記念日を迎え、かつて国家のために命を落とした人々を弔う。愛郷心を意識しつつ、愛…[続きを読む]

長州藩をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ