メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関東大震災

関連キーワード

  • 関東大震災(2014年09月01日 夕刊)

    1923(大正12)年9月1日午前11時58分に発生した相模湾一帯を震源とするマグニチュード7.9の巨大地震。死者・行方不明者は約10万5千人、建物の全半壊・焼失は約37万棟。日本海側にいた台風の影響で強風が吹き、東京や横浜で市街地が大火災となった。隅田川近くにあった旧陸軍被服廠(ひふくしょう)跡の広い空き地では、避難者の家財道具などが焼けて、集まった約4万人のうち約3万8千人が亡くなった。

  • 関東大震災とデマ(2013年08月31日 夕刊)

    大震災直後の混乱のなか、「朝鮮人が火をつけ、暴動を起こそうとしている」「井戸に毒を投げ入れた」というデマが広まった。政府も戒厳令を発令。デマを信じた市民による自警団や軍隊が朝鮮人や中国人、社会主義者らを殺傷した。全国で6千人余りが犠牲になったとの説もあるが、はっきりしない。

  • 関東大震災と朝鮮人虐殺(2015年09月30日 朝刊)

    1923(大正12)年9月1日に発生した関東大震災で、被災した住民らの間に「朝鮮人が暴動を起こしている」「朝鮮人が井戸に毒を投入した」などの流言が広まり、東京とその周辺で朝鮮人らが殺害された。政府の中央防災会議が2009年にまとめた関東大震災に関する報告書は、死者・行方不明者10万5千人超のうち1〜数%が殺害によるものと推計した。

最新ニュース

写真・図版

(見つける)専門店街を訪ねる 明道町の駄菓子問屋街 名古屋市西区(2019/10/21)有料記事

 ■店先にぎやか、あのときめき 駄菓子はなぜか人の心をひきつける。子どものころ、小銭を片手に駄菓子屋に行ったときめきは大人になっても忘れられない。そんなときめきが味わえるのが名古屋市の明道町(めいどう…[続きを読む]

関東大震災をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ