メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関東軍

関連キーワード

  • ノモンハン事件(2014年07月08日 朝刊)

    日本の傀儡(かいらい)国家だった旧満州国(現・中国東北部)と旧ソ連の影響下にあったモンゴル人民共和国(現モンゴル)の国境紛争。1939年5月11日に起きた小競り合いがエスカレートした。ソ連側が8月20日に大攻勢を開始し、日本側の退却で9月16日に停戦が成立。死傷者は日本側2万人、ソ連側2万6千人とされ、対米開戦に至る日本の「南進政策」の一因にもなった。紛争を拡大させた関東軍参謀の責任は事実上問われず、中心にいた参謀たちは、太平洋戦争では大本営作戦課の課長や参謀としてガダルカナル作戦やインパール作戦を指導した。

  • 満蒙開拓青少年義勇軍(2015年01月04日 朝刊)

    満州への移民は満州事変直後の1932年に始まり、36年に国策化された。だが成人男性が軍に動員されたため、38年に満蒙開拓青少年義勇軍が設立された。数え年16〜19歳の少年が対象で、満州移住協会発行の雑誌「開拓」43年5月号によると、県内では同年3月末までに1396人(全国では約8万人)が渡った。45年8月のソ連軍侵攻後、駐留していた関東軍に置き去りにされた開拓民はソ連軍や中国人に殺されたり集団自決したりした。また、そのまま中国に取り残された孤児や女性もいた。十和田市の元小学教諭伊藤一允さん(81)は88年に県歴史教育者協議会で県内の義勇軍参加状況を調べ、教師の勧誘が重要な役割を果たしたとした。一方、行政文書が戦後処分されたことなどを挙げ、「県内の義勇軍の全容を明らかにすることは困難だ」と話す。

  • 樋口季一郎(1888〜1970)(2010年03月31日 夕刊)

    終戦時は陸軍中将で第五方面軍司令官(札幌)。ソ連軍と戦ったが、戦後は沈黙を通した。ユダヤ難民救出について、駐日ドイツ大使は「日独国交に及ぼす影響少なからん」と外務省に強く抗議。東条英機関東軍参謀長(後の首相)が査問に当たったが、結局は「適切な措置」と判断したとされる。回想録には「プロテスト(抗議)はうやむやに終わったのであった」と記されている。

最新ニュース

写真・図版

敗戦直前の極秘計画「光建設」か 旧満州国の遺構を発見(2019/3/3)有料会員限定記事

 1945年の日本の敗戦直前、旧満州国(中国東北部)と旧日本軍が朝鮮国境付近で建設していた施設の遺構を日本の研究者が発見した。当時ひそかに進められた軍事拠点「光建設」計画の一部とみられる。組織図や施設…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    【&TRAVEL】屋久島でイシガキダイを釣る

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&M】ユーモアがテーマの作品展

    遊び心の本質を問い直す

  • 写真

    【&w】絲山秋子の新作を追う理由

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日外はカリカリ、中はふわっ

    かもめ食堂のシナモンロール

  • 写真

    論座津田梅子の苦闘と見果てぬ夢

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンサクセスレストラン⑪

    こだわりの和食でじっくり接待

  • 写真

    T JAPANNYで話題のデザイナーズ壁紙

    色と柄の摩訶不思議な世界へ

  • 写真

    GLOBE+遊牧民の知恵、この一皿に

    食と暮らし世界ぐるり旅

  • 写真

    sippo橋の上にいたフラフラの子猫

    わが家の長男梵天丸との出会い

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ