メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関税法

関連キーワード

  • 無水酢酸密輸出未遂事件(2009年04月19日 朝刊)

    名古屋港で2月12日、アフガニスタン向けの中古車部品の輸出コンテナから、麻薬ヘロインの生成過程で使われる無水酢酸0・9トンが押収された。同24日にも別のコンテナから1・4トンが押収された。それぞれの事件で、密輸出しようとしたパキスタン国籍の男が関税法違反容疑で指名手配された。横浜港でも同時期、同国籍の男らが密輸出しようとした計約6トンがアフガン向けコンテナなどから押収された。

  • 本間ゴルフ(2006年11月26日 朝刊)

    58年、横浜市で初代本間敬啓元社長と、弟で2代目の裕朗元社長がゴルフ練習場を開業。63年にゴルフクラブの製造を始め、73年にカーボン製のシャフトを発売してヒット商品となる。81年に現在の製造拠点となる酒田工場が完成。98年、熊本県のゴルフ場経営に乗り出したが、赤字経営が続いた。01年、ゴルフクラブの密輸にかかわったとして大阪支店長が関税法違反の容疑で逮捕され、同年、二重価格表示で公取委から排除命令を受けた。さらに03年、敬啓元社長が脱税で有罪判決を受けた。ゴルフ人気低迷とともに負債総額が増え、05年に民事再生法適用を申請した。

  • 差額関税制度(2012年03月07日 夕刊)

    国産と比べて安い外国産の豚肉を輸入する場合に、国際協議で設定された「基準輸入価格」との差額を関税として徴収する制度。国内の養豚農家を保護する目的で設けられた。この関税を免れた形で輸入された豚肉は「裏ポーク」と呼ばれ、市場に多く出回っているとされ、税関当局が食肉業者を関税法違反容疑で摘発する例が相次いでいる。

最新ニュース

写真・図版

ネット通販の時計に「日本製」の文字 分解してみると…(2019/8/31)有料会員限定記事

■追跡メイドインジャパン(3)【分解編】 ブロニカが組み立てられていた中国・深圳の工場。取材班は輸出前のブロニカを入手した。 腕にはめると、重さがずっしりくる。香港の腕時計商社の社長は「ロレックスと同…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ