メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

阿蘇市

関連キーワード

  • 阿蘇の野焼き(2009年03月22日 朝刊)

    1万6千ヘクタールで行われ、そのうち1万ヘクタールが阿蘇市。21日の北外輪山の野焼きが最も規模が大きい。空気の乾燥は野焼きには好条件だが、突然風向きが変わったり、強くなったりする危険もある。阿蘇市での野焼きによる死者は戦後2人いる。シーズン前には、消火隊を養成し、野焼きの危険性を説き、参加者自身に消火棒を作らせるなど安全への意識の徹底をはかる。消防団に協力してもらったり、火入れする人同士で無線連絡をしたりして安全対策を図る組合もある。野焼きをしないと、草原がやぶになり、土壌流失や水源枯渇につながる。

最新ニュース

写真・図版

(災害大国 いのちを守る)御嶽山生還、ガイドは語る 噴火5年、来月1日に山開き(2019/6/24)有料記事

 御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)が噴火し、63人が死亡、行方不明となって5年。7月1日の山開きで、噴火以来初めて夏山の山頂まで登れるようになる。山頂近くから生還した山岳ガイドの小川さゆりさ…[続きを読む]

阿蘇市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ