メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

降水量

関連キーワード

  • 測候所の廃止(2009年01月06日 朝刊)

    総務庁(当時)に「要員が必要な測候所を除いて整理を」と指摘され96年度に開始。06年6月、公務員の削減を求める閣議決定で「測候所は10年度までに原則廃止」とされた。廃止後は「特別地域気象観測所」として自動で天気、気温、降水量、風向などを観測する。ただ、見通せる距離は測れても、黄砂や霧など原因の判別はできないという。活火山が近くにある阿蘇山(熊本)、軽井沢(長野)、大島(東京)、三宅島(同)の4測候所については、気象庁の職員が地元自治体に常駐する「火山防災連絡事務所」をすでに設置している。

  • オリーブ生産(2010年04月03日 夕刊)

    地中海沿岸で多く栽培されている。オリーブは平和の象徴とされることが多く、国連旗にも使われている。日本では1908年に旧農商務省がオリーブ生産の候補地として香川、三重、鹿児島の3県を選び各1.2ヘクタールずつ試験栽培を働きかけた。日照時間が長く適度な降水量の小豆島が順調に育った。だが59年のオリーブ製品の輸入自由化で、輸入品が大半を占めるようになった。小豆島は2003年に国の「オリーブ振興特区」の認定を受けた。

  • 厚狭川の浸水被害(2011年01月23日 朝刊)

    昨年7月10〜15日にかけての梅雨前線に伴う西日本地区での大雨で、県内では、美祢市での総雨量が7月の平年月降水量の1.5倍を超える588ミリを記録。これにより、隣の山陽小野田市を流れる厚狭川(2級河川)などがはんらんし、8戸が半壊、800戸近くの住宅で浸水被害が起きた。

最新ニュース

写真・図版

暴風の15号と豪雨の19号、まったく違ったワケは?(2019/11/14)有料記事

 今秋、台風15号と19号が相次いで東日本に猛威を振るった。強風が房総半島などの電柱をなぎ倒した15号と、豪雨が関東甲信越から東北にかけての河川で堤防を決壊させた19号。いずれも高い海水温が強い勢力を…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】知られざる苦悩と努力を描く

    映画「草間彌生」鑑賞券当たる!

  • 写真

    【&TRAVEL】30年ぶりにカナダ北極圏へ

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】スター・ウォーズ音楽奉納

    東大寺に名曲が響き渡る<PR>

  • 写真

    【&w】貫地谷しほりが語る

    幸せな社会とは

  • 写真

    好書好日業界の舞台裏も?お仕事BL

    書店員が個性全開でおすすめ

  • 写真

    論座「宴の政治」に別れを

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン多様化するファッションの先

    ビジネスとカジュアルの境界線

  • 写真

    T JAPAN新しいバラの形を求めて

    國枝さんの「和ばら」

  • 写真

    GLOBE+「上から目線」が気になる

    外国人労働者をめぐって考えた

  • 写真

    sippo2週間かかって子猫を保護

    膝にのられ夫もメロメロに

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ