メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

院内感染

関連キーワード

  • 札幌医大病院の院内感染問題(2010年04月01日 朝刊)

    同病院高度救命救急センターで、2006年9月から07年6月に入院した患者13人から抗生物質が効きにくい多剤耐性緑膿菌(MDRP)が検出され、60〜70歳代の重症患者5人が死亡した。08年2月、同病院が公表した。当初、病院側は「原因は院内感染とは考えにくい」としたが、同年4月の外部の専門家を含めた調査では(1)06年9月〜08年1月に重いやけどなどで入院した23人が保菌者や感染者でうち8人が死亡(2)8人中5人はMDRP感染が原因とは考えられない(3)残る3人は病状悪化や死因の可能性が否定できない、とした。

  • セラチア菌(2008年07月18日 朝刊)

    緑膿(りょくのう)菌と並ぶ、代表的な院内感染菌。自然界に広く分布する常在菌の一種で、人の腸内に存在することもある。病原性は弱く、健康な人には害を生じないが、抵抗力が落ちた人が感染したり、健康な人でも血液に入ったりすると、敗血症や肺炎などを起こす。

  • 医療機関への立ち入り検査(2013年09月14日 朝刊)

    医療事故や院内感染を防ぐため、保健所が定期的に医療機関に立ち入り、人員や設備に不備がないかを調べる。県内にある9保健所が142の病永病床数20以上)を年に1度、213の有床診療所(同19以下)に対してはおおむね3年に一度、実施される。

最新ニュース

総合緊急対策の総額100億円規模に 原油高やコロナ対策で県(2022/5/11)

 【鳥取】平井伸治知事は10日の定例会見で、原油高やコロナ禍に対応した総額100億円規模の総合緊急対策を実施することを明らかにした。影響を受けている畜産農家や生活困窮者、中小事業者ら向けの支援内容を固…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】写ったのは薄れかけた記憶

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&w】先生の「大丈夫」に救われて

    花のない花屋

  • 写真

    【&Travel】京うちわの新たな風

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】覚悟して向かった赴任先

    宿舎のガーデンで出会った子猫

  • 写真

    【&w】社会の死角と女性同士の絆

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日米ロ、情報戦争の100年

    プーチン氏、「不正工作」復活

  • 写真

    論座言論の自由とヘイトスピーチ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいま見たい海外ドラマ!

    『令嬢アンナの真実』

  • 写真

    Aging Gracefully大切な人との別れ

    別れを通じて受け継いだもの

  • 写真

    GLOBE+消えたダーウィンのメモ帳

    22年前たって戻ってきた

  • 写真

    sippo猫の膀胱の病気は早期発見を

    飼い主がすぐできることは?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ