メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

隕石

関連キーワード

  • 南極地域観測隊(2019年05月22日 朝刊)

    南極の自然環境などを観測するため国が派遣している。1957年〜58年の世界的な地球物理現象の共同観測事業「国際地球観測年」に先立ち、56年から始まった。観測隊員は11月に空路でオーストラリアに入り、南極観測船「しらせ」で南極を目指す。これまでにオゾンホールの発見や隕石(いんせき)の収集、解析などの実績がある。青木さんが隊長の61次隊は、研究者ら総勢100人ほどが参加する。

  • 日本の南極観測隊(2020年06月26日 夕刊)

    南極観測隊1次隊は1956年11月に初代観測船「宗谷」で東京を出発、57年1月に南極大陸のすぐ前の東オングル島に昭和基地を開設し、11人が越冬した。これまで、気象や海洋、生物、地質など観測は多岐にわたり、オゾンホール発見や隕石(いんせき)収集、大陸内陸で深さ約3千メートルから約72万年前の氷を掘り出すなど成果をあげてきた。輸送は年に1往復、現在は4代目の観測船「しらせ」で南極入りする。本隊は出発から帰国まで約4カ月間の夏隊と1年4カ月の越冬隊がいる。空路で大陸に入ったり、南極海を観測したりする別働隊もいて、近年は総勢100人(同行者含む)近い態勢となっている。61次越冬隊は気象やオーロラ、大気、地圏などを観測する隊員と、車両や発電機など観測や基地生活を支える設営隊員がいる。

最新ニュース

滝沢カレンの「絶望ノート」の一歩先へ 退屈な夏休みが、宇宙規模で変わる!?(2022/8/7)

僕は中学校に入って2回目の夏休みを迎えていた。「暑い、暑い、暑いー!」僕は、部屋の壊れかけたクーラーからへにょへにょとした冷風を浴びながら暑さに耐えていた。母さんは一向にクーラーを直してくれないし、部…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】美しい東京をゆく

    サステイナブルな旅<PR>

  • 写真

    【&w】夏の海の景色、大切な場所

    知花くらら、海辺の暮らし

  • 写真

    【&TRAVEL】街じゅうがフォトスポット!

    世界の街へ バージニア州

  • 写真

    【&M】変わりゆく「紳士」の定義

    Lorenzo STYLE

  • 写真

    【&w】大地に懸ける農家の物語

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日「普通の家族」を求める怖さ

    漫画家やまもとりえが新作

  • 写真

    論座院内学級の希望と課題

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンたき火で作るラタトゥイユ

    山小屋おやじ・シゲさんの一品

  • 写真

    Aging Gracefully板谷由夏さんインタビュー

    “手放すことの楽しさ”とは

  • 写真

    GLOBE+アグネス・チャンが見た

    母子家庭を支える支援のかたち

  • 写真

    sippo天から与えられたプレゼント

    白猫は音のない世界を生きる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ