メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

障害者スポーツ

関連キーワード

  • 鹿児島国体と全国障害者スポーツ大会(2020年05月27日 朝刊)

    国体は第75回で、県内では1972年の太陽国体以来、48年ぶり2度目の開催。37の正式競技と特別競技(高校野球)などが予定され、会期は10月3〜13日(9月予定の水泳や体操などを除く)。第20回となる障害者スポーツ大会は県内初開催で、10月24〜26日を予定している。

  • デモンストレーション行事(2011年07月30日 朝刊)

    都道府県代表の選手が戦う正式競技と違い、開催地の都道府県に住んでいる人だけが参加資格を持つ国体のスポーツイベント。種目はその年によって違う。山口国体では9、10月に、和木町、上関町を除く県内17市町で、スポーツチャンバラやトライアスロンなど19種目がある。障害者スポーツは、電動車椅子サッカーとソフトボールのみ。

  • もうひとつのワールドカップ(2011年02月06日 朝刊)

    国際知的障害者スポーツ連盟(INAS—FID)主催の知的障害者サッカーの世界選手権。1994年にオランダで始まり、5回目となる2010年の南アフリカ大会には11カ国が参加した。日本は02年に初出場し、3回出場している。日本国内の競技人口は5千人。

最新ニュース

写真・図版

スコアボード一新 LED使用の大型画面 球場の改名も(2021/5/18)

 「みどりの森県営球場」の名で親しまれてきた佐賀県立森林公園野球場(佐賀市久保田町徳万)のスコアボードが15日、改修を終え、関係者らを迎えた内覧会でお披露目された。またこの日、球場の愛称を「さがみどり…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ