メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

電子たばこ

関連キーワード

  • 電子たばこ(2014年05月15日 朝刊)

    吸引器に溶液を入れ、コイルを巻いた加熱器で熱し、蒸気を吸い込む。溶液には好みに応じてニコチン、菓子や果物のにおいがする人工香料、蒸気を増やすグリセリン、のどごしを良くするプロピレングリコールなどを入れる。厚生労働省は薬事法に基づく都道府県への通知で、個人が一度に輸入できるニコチン溶液を1カ月分の個人使用量(120ミリリットル相当)と示している。吸引器販売業者によると、この量の欧米製の相場は1万2千円程度。吸引器は数千〜数万円で買える。

  • 無煙たばこ 電子たばこ(2010年08月24日 夕刊)

    無煙たばこ「ゼロスタイル・ミント」は、葉タバコを詰めたカートリッジをパイプ状の本体に入れて吸う。火を使わずに味わう「かぎたばこ」の一種で、ニコチンが含まれる。箱には「口腔(こうくう)がんの原因の一つとなり、心筋梗塞(こうそく)・脳卒中の危険性を高める」との注意書きがある。一方、電子たばこはカートリッジ内の液体を電気で加熱し、霧状になった煙を吸う。「たばこ事業法に規定されたたばこではなく、いわば代用品」(厚労省)。ほとんどの商品が「ニコチンを含まない」と表示しているが、今月18日、国民生活センターが一部の商品から微量のニコチンが検出されたと発表した。

  • 新型たばこ(2016年11月16日 朝刊)

    従来のたばこと同じく葉タバコを使うため、未成年の喫煙は禁じられている。加熱する仕組みがよく似た電子たばこは、葉タバコを使わずに香料やニコチンを入れた溶液を熱するため、たばことしては扱われない。フィリップモリスジャパンは新型たばこを「加熱式たばこ」、JTは「たばこベイパー(蒸気)商品」と呼んでいる。

最新ニュース

写真・図版

バイアグラ模した偽医薬品など急増 税関が輸入差し止め(2019/3/8)

 2018年に全国の税関が輸入を差し止めた偽ブランド品などの「知的財産侵害物品」のうち、偽の医薬品が前年比18倍の約32万点に急増していたことが8日、わかった。多くは性機能改善薬のバイアグラやシアリス…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】魅力的なヘタウマ

    へそまがり日本美術開催中

  • 写真

    【&TRAVEL】日本のしょうゆ発祥の地へ

    和歌山の食を訪ねて

  • 写真

    【&M】ポップとディープを往来!

    あいみょんのバランス感覚

  • 写真

    【&w】ポジティブに生きられる空間

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日還暦迎えた、みうらじゅん

    「マイ遺品セレクション」刊行

  • 写真

    論座本庶さん特許の対価で怒る

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    ドイツワインおすすめの一本

  • 写真

    T JAPAN前衛作家、白髪一雄の個展ほか

    いま観るべき展覧会3選

  • 写真

    GLOBE+千人にたった2台

    有数の「車を持ちづらい国」

  • 写真

    sippo人懐っこい秋田犬の恩返し

    お年寄りの保護に一役

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ