メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

電子たばこ

関連キーワード

  • 電子たばこ(2014年05月15日 朝刊)

    吸引器に溶液を入れ、コイルを巻いた加熱器で熱し、蒸気を吸い込む。溶液には好みに応じてニコチン、菓子や果物のにおいがする人工香料、蒸気を増やすグリセリン、のどごしを良くするプロピレングリコールなどを入れる。厚生労働省は薬事法に基づく都道府県への通知で、個人が一度に輸入できるニコチン溶液を1カ月分の個人使用量(120ミリリットル相当)と示している。吸引器販売業者によると、この量の欧米製の相場は1万2千円程度。吸引器は数千〜数万円で買える。

  • 無煙たばこ 電子たばこ(2010年08月24日 夕刊)

    無煙たばこ「ゼロスタイル・ミント」は、葉タバコを詰めたカートリッジをパイプ状の本体に入れて吸う。火を使わずに味わう「かぎたばこ」の一種で、ニコチンが含まれる。箱には「口腔(こうくう)がんの原因の一つとなり、心筋梗塞(こうそく)・脳卒中の危険性を高める」との注意書きがある。一方、電子たばこはカートリッジ内の液体を電気で加熱し、霧状になった煙を吸う。「たばこ事業法に規定されたたばこではなく、いわば代用品」(厚労省)。ほとんどの商品が「ニコチンを含まない」と表示しているが、今月18日、国民生活センターが一部の商品から微量のニコチンが検出されたと発表した。

  • 新型たばこ(2016年11月16日 朝刊)

    従来のたばこと同じく葉タバコを使うため、未成年の喫煙は禁じられている。加熱する仕組みがよく似た電子たばこは、葉タバコを使わずに香料やニコチンを入れた溶液を熱するため、たばことしては扱われない。フィリップモリスジャパンは新型たばこを「加熱式たばこ」、JTは「たばこベイパー(蒸気)商品」と呼んでいる。

最新ニュース

写真・図版

大麻リキッド所持容疑で高校生3人書類送検 専門家「成分濃く危険」(2021/11/9)会員記事

 液状の大麻「大麻リキッド」を所持したとして、大阪府警が、府内の16~17歳の男子高校生3人を大麻取締法違反(共同所持)の疑いで書類送検したことが、捜査関係者への取材でわかった。大麻リキッドは乾燥大麻…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】白砂青松へいざなう鏡の廊下

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&w】極薄カシミヤに包まれる幸せ

    MONOCOとお買い物〈PR〉

  • 写真

    【&Travel】絶景・天橋立「股のぞき」

    楽園ビーチ探訪 京都

  • 写真

    【&M】絶品ダルバート、おしゃれに

    口福のカレー ネパール料理

  • 写真

    【&w】坂ノ途中「旬の有機野菜セット」

    プレゼント

  • 写真

    好書好日女性5人の火の鳥句会に参加

    フルポン村上の俳句修行

  • 写真

    論座わたしが入管を書いたわけ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン人気シリーズ第四弾公開!

    選ぶべき腕時計を教えます

  • 写真

    Aging Gracefullyお洒落な暮らしの新基準

    ファッションや美容もサステナ

  • 写真

    GLOBE+「男性の育休」7つの誤解

    ジェンダー平等とその先へ

  • 写真

    sippo最期までペットと生きるには

    ペットのための生前対策を探る

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ