メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

電気ショック

関連キーワード

  • イソゾール(2008年08月09日 朝刊)

    注射用の全身麻酔薬。販売元の日医工(富山市)などによると、手術時の麻酔や、けいれんを鎮めるなどの用途で広く使われている。副作用の恐れがあるため、ぜんそくや心不全の重症患者などには使用を避ける。不整脈患者の治療で電気ショックを与えて脈を正常に戻すときに、麻酔として使うことがある。

  • AED(2015年01月09日 夕刊)

    2004年7月の厚生労働省通知で、医療従事者以外でも使えるようになった。約40万台が一般向けに販売され、駅や学校などに設置されている。総務省消防庁によると、13年の1年間に2万5469人が心臓が原因で心肺停止状態になり一般人に発見されたが、AEDで電気ショックを与えられたのは3.6%の907人。一方、AEDが使われた人の1カ月後生存率は同年、初めて50%を超え、使われなかった人に比べて4.8倍高い数字だった。

  • AED(自動体外式除細動器)(2016年04月20日 夕刊)

    突然、心停止状態になった人に電気ショックを与えて、心臓の動きを戻す装置。電源を入れて電極パッドを胸に張り、自動音声に従って誰でも操作できる仕組み。電気ショックの必要性は機械が自動的に判断する。早く使うほど救命率が高まる。スポーツ界では、2011年にサッカー元日本代表の松田直樹さんが練習中に倒れ、急性心筋梗塞(こうそく)で亡くなったのをきっかけに、普及の動きが広がっている。

最新ニュース

写真・図版

30代から繰り返した発作 「7年でダメになる」心臓と(2021/7/18)有料会員記事

 急に胸がカァーと熱くなる感じと痛み。「何かおかしい」 30年ほど前のゴールデンウィーク。38歳だった千葉県四街道市の栗下実(くりしたみのる)さん(69)は、自宅でくつろいでいるとき、これまで経験のな…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】現代美術家を虜に!

    NY「2番街」の注目文化施設6選

  • 写真

    【&Travel】密避け楽しむ庭園ライブ

    楽しいひとり温泉 新潟

  • 写真

    【&TRAVEL】モデル・はな、湯河原の旅

    帰り道も思いっきり楽しむ

  • 写真

    【&M】いつまで経っても動けない

    トップクライマー二人の葛藤

  • 写真

    就寝中の髪を守る「YOLU」

    ヘアケアセットを3名様に

  • 写真

    好書好日猫歌人が伝えたい11のこと

    保護猫と暮らす仁尾智が出版

  • 写真

    論座「コロナは収束」麻生発言

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン新たな宿泊のカタチとは?

    空との一体感を味わうホテル

  • 写真

    Aging Gracefully心も体も甘やかすおうち服

    自分をいたわるウエア

  • 写真

    GLOBE+高専生、ハッカソン最優秀賞

    研究の源は楽しいという気持ち

  • 写真

    sippo愛犬の死...悲しみ癒えず

    でも受け入れられるように

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ