メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

電気事業連合会

関連キーワード

  • 電気事業連合会(2013年03月31日 朝刊)

    「電気事業の健全な発展」を目的に1952年に設立された任意団体。事務局は東京・大手町の経団連会館内。会長はほぼ東電と関電の社長が交代で務め、福島事故後の2011年4月、清水正孝・東電社長(当時)から現在の八木誠・関電社長に代わった。会員は北海道電、東北電、東電、北陸電、中部電、関電、中国電、四国電、九電、沖縄電の電力10社。

  • むつ小川原地域・産業振興財団(2010年11月19日 朝刊)

    電気事業連合会からの寄付金50億円と財団独自の借り入れ50億円を原資に発足、「100億財団」とも呼ばれる。もう一つの主な事業である「産業振興プロジェクト支援事業」は、1989年の発足時から続いており、全市町村を対象に地場産業の育成、住民団体や観光協会などによる地域おこしを手助けする。財源は100億円の運用益。財団が独自に借り入れた50億円から発生する年間の利子約2億円は日本原燃が補填(ほてん)している。

  • 県内の原子力マネー(2011年06月04日 朝刊)

    「むつ小川原地域・産業振興財団」は、電気事業連合会の出資で1989年に設立。電事連の資金を県内全市町村や市民団体に分配するもので、2009年度は6億5千万円が提供された。全国でも、核燃料サイクル施設のある青森県だけの独特な存在だ。電源三法交付金は、電力会社の税金を国が主に原子力施設の立地県や市町村に分配する。大半を占める電源立地地域対策交付金では、09年度に最も多く受け取ったのは福島県の145億円。新潟県、福井県と続き、青森県は124億円で4番目に多かった。

最新ニュース

写真・図版

大阪・関西万博のパビリオン、外食協会が辞退の意向 資金集め難航(2022/8/9)

 2025年に開く大阪・関西万博で、食をテーマにしたパビリオンを出すことで内定していた大阪外食産業協会(外食協会)が、出展を辞退する意向であることがわかった。出展にかかる資金集めが難航しているためだ。…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】これぞ老舗の貫禄のカレー!

    口福のカレー

  • 写真

    【&Travel】京の盆行事「五山送り火」

    今年の夏は全灯予定<PR>

  • 写真

    【&Travel】降りられるのは真夏の2日だけ

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&M】女性がお茶を入れる会議

    なぜだめなのか

  • 写真

    【&w】ココナツ香るゴーヤ炒め

    料理家冷水希三子の何食べたい

  • 写真

    好書好日ナンシー関の傑作集を刊行

    消しゴム版画で振り返るあの頃

  • 写真

    論座電気代高騰をめぐる“我慢”

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンたき火で作るラタトゥイユ

    山小屋おやじ・シゲさんの一品

  • 写真

    Aging Gracefully更年期&フェムのケア

    いつまでも美しく健やかに

  • 写真

    GLOBE+逮捕、毒殺未遂…不屈の精神

    「プーチンが最も恐れた男」

  • 写真

    sippoかみ癖がある猫

    おおらかな家でのびのび成長中

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ