メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

青年海外協力隊

関連キーワード

  • 青年海外協力隊(2009年05月09日 夕刊)

    20〜39歳を対象に募集し、選考と研修を経て原則2年間、派遣する。往復旅費や現地生活費などは支給される。65年の発足以来、80カ国以上に約3万2千人余りが赴いた。近年は女性が半数以上。1年未満の短期派遣もある。

  • 国際協力機構(JICA)(2016年07月03日 朝刊)

    1974年に国際協力事業団として発足し、海外への技術協力や青年海外協力隊の派遣などに取り組んできた。2008年に国際協力銀行(JBIC)の円借款部門が統合され、現在の組織になった。独立行政法人の一つで職員は約1800人。世界約90カ国で活動している。海外での主な活動は、(1)インフラ整備に低利融資する円借款(有償資金協力)(2)人道支援の無償資金協力(3)技術協力の途上国援助(ODA)の3分野。JICA関係者によると、橋や道路の建設のための円借款事業や無償資金協力事業では、日本などのコンサルタント会社が、はじめに相手国政府と契約する。設計図や施工図をつくって提案し、相手国政府が施工業者を選ぶのが一般的な流れだという。

  • 後田剛史郎さん(2016年12月26日 朝刊)

    1978年、長崎市で6人きょうだいの末っ子として生まれる。長崎西高校で野球に打ち込み、宮崎大教育学部に進学。卒業後は高校の公民の教師になったが、「世界のことを知った教師になりたい」と青年海外協力隊に応募。スリランカに派遣された。趣味はサーフィン。04年、同国で3万人以上が死亡したスマトラ沖地震の大津波の時も海にいた。帰国後は宮崎大の産学・地域連携センターで大学と高校の連携事業や市町村の協定などを担当している。

最新ニュース

写真・図版

秋篠宮さまらコロナの説明受ける 5月31日~6月6日(2021/5/31)

 天皇、皇后両陛下や皇族方の予定を毎週更新します。皇室の方々は様々な行事や式典、宮中祭祀(さいし)などで多忙な日々を送っています。紙面では掲載しきれない公務も紹介します。 宮内庁は5月31日~6月6日…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】「ヤマトは全てが名場面」

    憧れたデスラー演じる山寺宏一

  • 写真

    【&TRAVEL】モデル・はなが行く由布院

    温泉や自然に癒やされる

  • 写真

    【&Travel】信長ゆかりの城下町・岐阜市

    旅空子の日本列島「味」な旅

  • 写真

    【&M】オダギリの姿に震えた永瀬

    軽い会話は出来ない現場

  • 写真

    【&w】旬のイワシを保存食に

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日眠りに誘うデンマークの絵本

    シュッカと一緒にリラックス

  • 写真

    論座日本の難民認定は厳しいワケ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン大人にこそ履いてほしい一足

    心が弾むサンダルとは?

  • 写真

    Aging Gracefully家の中でも日焼け対策が必要

    “うっかり日焼け”にご注意を

  • 写真

    GLOBE+生理、出産は薄暗い小屋で?

    女性の生きづらさ変えた日本人

  • 写真

    sippo実験動物たちの過酷な運命

    生活必需品のため今も犠牲に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ