メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

静岡地裁

関連キーワード

  • 袴田事件と昨年3月の静岡地裁決定(2015年03月18日 朝刊)

    1966年6月30日未明、旧清水市(現静岡市清水区)でみそ製造会社専務宅が全焼し、家族4人の遺体が見つかった。県警は従業員で元プロボクサーの袴田巌さんを強盗殺人などの疑いで逮捕。80年、最高裁で死刑が確定した。昨年3月27日、静岡地裁が第2次再審請求審で警察による証拠の捏造の可能性にまで言及した上で、再審開始を認めた。袴田さんは釈放されたが、決定を不服とした静岡地検が東京高裁に即時抗告し、再審が始まるかどうかは確定していない。

  • 上島駅周辺土地区画整理事業(2011年02月26日 朝刊)

    遠州鉄道上島駅周辺の5・7ヘクタールが対象で地権者は103人(事業認可時)。同駅の南北3・3キロの鉄道高架事業にあわせ、交通渋滞解消などを目的に、浜松市が03年11月に事業計画を決定した。しかし地権者ら33人が「住宅の面積が減って多くの住民が転出せざるを得ない上に、交通渋滞も解消しない」などとして、04年2月、計画の取り消しを求めて静岡地裁に提訴した。一、二審は計画内容について判断しないまま、原告の訴えを門前払いしたが、最高裁は08年「本格着手前の計画段階でも、住民は自治体などを相手に裁判を起こすことができる」として42年ぶりに判例を変更。静岡地裁に差し戻した。区画整理を前提とした高架事業は総事業費約172億円。04年12月に着手し、10年度末の進捗(しんちょく)率は67%。市は当初10年度中の完成を見込んでいたが、工事遅延を理由に工事期間を3年間延長する予定だ。

  • 袴田事件(2016年04月03日 朝刊)

    1966年6月30日、静岡県清水市(当時)のみそ会社専務の一家4人が殺害、放火され、会社の従業員で元プロボクサーの袴田巌さん(当時30歳)が強盗殺人などの疑いで逮捕、起訴された。袴田さんは裁判で無罪を主張したが、80年に死刑が確定。2度目の再審請求で、静岡地裁が2014年3月27日、再審開始を決定。袴田さんは釈放された。検察側が即時抗告し、東京高裁で再審をめぐる審理が続く。

最新ニュース

スズキ検査不正、再発防止を勧告 国交省(2019/6/8)有料記事

 完成車検査をめぐる不正で、国土交通省は7日、道路運送車両法に基づき、スズキに再発防止を求める勧告を出した。特に悪質だと認められた655台分の不正検査については、静岡地裁に過料を適用するように求めた。…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ