メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

非戦闘地域

関連キーワード

  • 非戦闘地域(2015年05月24日 朝刊)

    現に戦闘行為が行われておらず、活動の期間を通じて戦闘行為が行われることがないと認められる地域のこと。アフガン戦争の際の給油活動やイラクでの給水活動などで、自衛隊が他国軍の後方支援をするために、それが可能な地域として特別措置法で定められた。政府は特措法を作る際に、後方支援であっても他国軍の軍事行動と一体と見なされると、憲法が禁じる海外での武力行使に当たる可能性があるので、それを区別するために地域を分けた。しかし、安保法制では、非戦闘地域の概念はなくなり、現に戦闘行為が行われている現場以外なら自衛隊が活動できるとした。

  • 非戦闘地域と戦闘が行われている場所以外(2015年09月20日 朝刊)

    非戦闘地域」は、(1)現に戦闘が行われておらず(2)活動の期間を通じて戦闘が行われることのない地域。アフガン戦争などで自衛隊が支援活動する際、憲法が禁じる「他国軍の武力行使との一体化」とみなされないよう設定された。新たな条件となる「現に戦闘行為が行われている場所」以外は、(1)のみが条件となるため、活動地域がより前線に近づく可能性がある。

  • 空自のイラク空輸支援活動(2010年07月03日 朝刊)

    活動を「非戦闘地域」に限定したイラク復興支援特別措置法を根拠に、2004年1月〜08年12月、輸送機3機と延べ3500人が派遣された。防衛省によると、運航日数は821日、輸送人数は延べ4万6479人、うち米軍兵士の輸送は延べ2万3727人。クウェートやイラクの3都市を結び、06年7月までは、イラク南部で活動した陸上自衛隊員や支援物資も運んだ。派遣差し止め訴訟は全国の市民が11地裁に提訴し、名古屋高裁のみが違憲判断を示した(確定)。当時の福田康夫首相は、違憲判断は拘束力を持たない「傍論」として派遣を続けた。

最新ニュース

写真・図版

(社説)9・11と日本 「参戦」の検証が必要だ(2021/9/10)

 米国と行動を共にする関係は強めた一方、主体的な外交理念は見えず、自衛隊派遣の検証もしない。それが9・11テロ後の20年間にたどった日本の外交・安全保障の軌跡である。 アフガニスタンを混乱のなかに置き…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】4合炊きが暮らしにフィット

    象印「炎舞炊き」〈PR〉

  • 写真

    【&M】作為を介入させてはならない

    音楽家butajiの哲学

  • 写真

    【&Travel】広い空と海、波の音

    越後寒川駅と府屋駅

  • 写真

    【&M】キャンピングカー旅行

    「冬タイヤ」の基礎知識

  • 写真

    【&w】2LDKに廊下が2本!?

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日文学に探る「ケア」の意味

    負担を分け合うフェミニズムへ

  • 写真

    論座矢野論文があぶり出したもの

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン秀逸なデザインが目を引く

    ハンティング・ワールドの逸品

  • 写真

    Aging Gracefully消費から価値ある投資へ

    サステナブルな暮らし方

  • 写真

    GLOBE+武器密売の現場を描く

    秘密を暴いた民間人

  • 写真

    sippo愛猫の玄関での出迎えが復活

    疲れも吹っ飛ぶ喜びかみしめる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ