メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

非正規雇用

関連キーワード

  • 若者の雇用対策(2009年07月10日 朝刊)

    04年に労働者派遣法を改正し、派遣業務の職種を拡大した小泉首相。05年郵政総選挙では「フリーター25万人常用雇用化プラン」「正社員への転換制度」など非正規雇用の正社員化を政権公約(マニフェスト)に掲げた。

  • Iターン(2011年09月25日 朝刊)

    都会出身者が地方に移り、定住することを「Iターン」という。出身地に戻ることが「Uターン」で、地方出身者がいったん都会に出たあと別の地方に移住することを「Jターン」と呼ぶ。過疎化に危機感を募らせた地方自治体が、定年退職を迎える団塊の世代を狙いIターン誘致に力を入れ始めた。和歌山県は市町村に相談員をおくなどの取り組みを進め、2006年から今年7月までに410人の移住者を支援した。田舎暮らし希望者の支援をするNPO「ふるさと回帰支援センター」(東京都中央区)によると、Iターンを含む田舎暮らしの相談件数は07年の2151件から、10年には6167件と約3倍。不況や若者の非正規雇用の増大などが背景にあるとみられる。

  • 働く女性(2016年07月07日 朝刊)

    総務省の労働力調査によると、15歳以上の女性で働いている人の割合(就業率)は2015年で48.0%。12年の46.2%から3年続けて上がった。働く女性の中で正社員などの正規雇用は43.7%で、パートやアルバイトなどの非正規雇用が56.3%を占める。正規・非正規の比率は、03年に非正規が50%を超えて逆転してから、差は開く傾向にある。非正規雇用の1345万人のうち、理由が「自分の都合のいい時間に働きたい」という人が354万人、「正規の仕事がない」が158万人にのぼる。

最新ニュース

コロナ禍、女性の切実な声 子どもの食事減・自殺率増・望まぬ妊娠 立憲ジェンダー本部初会合(2020/10/28)会員記事

 新型コロナウイルスの感染拡大で苦しい立場に追い込まれている女性の声を聞こうと、立憲民主党のジェンダー平等推進本部は27日、新党結成後初めての会合を開いた。子どもの食事の回数を減らすひとり親の生活苦、…[続きを読む]

非正規雇用をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】教室のデジタル機器利用率

    トップのデンマークの実情

  • 写真

    【&M】『夫のちんぽ』作家の幸福論

    「おしまいの地」での気付き

  • 写真

    【&TRAVEL】明智光秀がここに籠城?

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】平成生まれの昭和歌謡マニア

    町あかりが影響を受けた5曲

  • 写真

    【&w】行列のできる焼き菓子店

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日メンタル不調、回復する近道

    伊藤絵美さんの「セルフケア」

  • 写真

    論座トランプ再選の可能性は?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンカントリー調素材のブルゾン

    茶×黒の配色が洒脱。

  • 写真

    T JAPANスパイク・リー映画の本質

    初心者も見るべき9作品

  • 写真

    GLOBE+シラミは深海でも生きていた

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippo保護した猫「ミー」を譲渡

    忘れようとした矢先戻ってきた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ