メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

非自民

関連キーワード

  • 非自民連立の細川政権(2011年04月13日 朝刊)

    リクルート事件や金丸巨額脱税事件など政治とカネの問題が相次ぎ、政治改革が焦点となるなか、93年6月に宮沢喜一内閣不信任案が可決され、衆院が解散。7月の総選挙では55年以来、長期一党支配を続けてきた自民党が過半数を割り込み、社会党や新生党、公明党、日本新党、民社党、新党さきがけ、社民連、参院会派の民主改革連合の8党派による非自民連立の細川政権が発足。38年ぶりに政権交代を実現させた。

  • 55年体制(2011年08月18日 朝刊)

    1955年10月13日、サンフランシスコ講和条約を巡り分裂した左派社会党(鈴木茂三郎委員長)と右派社会党(河上丈太郎委員長)が再統一。これに対抗し、11月15日に自由党(緒方竹虎総裁)と民主党(鳩山一郎総裁)が保守合同し、自民党が誕生した。自民党が政権を担い、社会党が野党として批判の立場に回る「役割分担」は、93年の非自民連立政権発足まで続いた。*1941年10月18日東条内閣発足12月8日真珠湾攻撃、太平洋戦争始まる1945年8月6日広島に原爆投下9日長崎に原爆投下15日ポツダム宣言の受諾を発表、日本敗戦1952年10月1日松前重義が衆院選で初当選1954年3月1日米国水爆実験で第五福竜丸が被曝(ひばく)4月3日日本初の原子力予算が成立23日日本学術会議が原子力の「自主、民主、公開」の3原則を決議1955年8月8日ジュネーブで第1回原子力平和利用国際会議9月12日松前、中曽根康弘ら会議出席者が共同声明発表10月13日左右社会党統一11月15日保守合同で自由民主党結党12月16日原子力基本泡原子力委員会設置法など成立

  • 三重県方式(2012年12月09日 朝刊)

    民主党三重県連、連合三重、旧新進党系と旧社会党系の議員らが立ち上げた地域政党「新政みえ」の3者が協力して選挙戦に臨む、三重県ならではの態勢。新政みえ系の県議は民主党員ではない労組系県議も含め24人(定数51)で、県議会の最大会派。共産党を除く「非自民」の結集を目指した連合三重が1990年代半ばに呼びかけ、始まった。

最新ニュース

保坂展人から野党へ 与党支持者を取り込むコツ(2019/5/11)

世田谷区長選挙を戦い終えて 時代と人々の暮らしの海の中に、身体ひとつで飛び込んでいくのが選挙です。 短時間に有権者と交わす言葉の片鱗や、握手を交わす時に見える瞬間の表情が語るものは、私の心の中に濃縮さ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ