メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

預言者

関連キーワード

  • コーラン(2010年09月10日 朝刊)

    イスラム教の聖典。預言者ムハンマドが610年から亡くなる632年までの間に神から受けた啓示をまとめたもの。114章からなり、啓示の時代順ではなく、長い章から先に配置されている。天地創造や終末などの世界観、道徳や倫理などの規範から相続や刑罰など法的な規定まで含む。もともと、声に出して読まれるものを意味し、アラビア語の韻律の美しさが人間業を超えるとされる。このため、ほかの言語に訳したものは聖典と認められない。

  • イスラム教への冒涜罪(2011年01月27日 朝刊)

    聖典コーランや預言者ムハンマドを侮辱する行為を禁じる法律。パキスタンでは刑法で定められ、預言者への冒涜の罰則は、規定の上では死刑しかない。実際に死刑に処せられた事例はないとされるが、地元紙の推計によると、1986年以降で約1270人がこの罪に問われた。死刑規定を伴うほど厳格化されたのは80年代に入ってから。パキスタンは、アフガニスタンに侵攻したソ連と戦うイスラム戦士の前線基地となっていた。当時の政権が、イスラム勢力の支持を得ようとイスラム化政策を進めたことが背景にある。

  • イスラム教と同性愛(2012年07月17日 朝刊)

    イスラム教が同性愛を禁じるのは一般的に、聖典コーランにある預言者ロトの言葉が根拠とされる。「破廉恥(男色)をしておるのだな」「女のかわりに男に対して欲情を催すとは。まことに言語道断な奴」(岩波文庫『コーラン・上』井筒俊彦訳)。トランスジェンダーなどの記述はないが、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアルとあわせた「LGBT」はタブー視されてきた。活動家らはLGBTがインドネシアに400万〜600万人はいるという。

最新ニュース

(コラムニストの眼)トランプ外交 イランと中国、二正面作戦の狂気 トーマス・フリードマン(2019/7/5)有料記事

 トランプ大統領は、世界最古の二大文明、ペルシャと中国の態度を同時に変えようという壮大な闘いに米国を引き込んだ。 狂気の沙汰なのは、両国を同時にということではない。はっきりとした目標も、同盟国も、強力…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】鎌倉・逗子・葉山を巡る

    三浦半島をまったりドライブ

  • 写真

    【&TRAVEL】カンヌの街角で出会った女性

    永瀬正敏、お気に入りの一枚

  • 写真

    【&M】オーケストラを応援する理由

    ナガオカケンメイさん

  • 写真

    【&w】大量廃棄このままでいいの?

    「持続可能な開発」よりも

  • 写真

    好書好日木梨憲武さんが描いた絵本

    得意の「手」をモチーフに

  • 写真

    論座写真家はユーチューバーへ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンニッポンの社長、イマを斬る

    Fracta CEO加藤 崇

  • 写真

    T JAPANハリウッドの名優勢ぞろい!

    映画『ゴールデン・リバー』

  • 写真

    GLOBE+折りたたみスマホで独走中

    発案者のすごい経歴

  • 写真

    sippo猫を虜にする「ちゅ~る」

    ヒットの裏に社長の思いつき

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ