メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

預貯金

関連キーワード

  • 投資信託(2010年10月18日 朝刊)

    投資家から集めた資金をまとめ、運用の専門家が国内や海外の債券や株式などで運用する金融商品。運用によっては預貯金以上の収益を得ることができるが、元本割れすることがある。株式投資と違う、分散投資の金融商品として人気を集める。10年9月末で約63兆円の純資産残高がある。

  • 生活保護申請の運用改定(2009年12月30日 朝刊)

    額は居住地や家族構成などに応じた基準で決まり、収入や年金、預貯金、親族による援助があれば差し引かれる。財源は国が4分の3、地方自治体が4分の1を負担。ホームレスが申請しても「安定した住居がなければ支給できない」と受理しない自治体が多かったが、福岡市は3月から、受理と同時にアパートを確保させるようにし、1人月額約11万円を支給している。市によると、生活保護の受給は2008年秋ごろまで毎月400件程度だったが、3月ごろから800件と倍増。保護世帯数は2万世帯から2万5千世帯に増えた。全国的にも急増している。

  • 小野塚家遺産(2010年04月16日 朝刊)

    小野塚家は江戸時代から続く商家で、「万久」の商標でしょうゆを醸造。2003年に死去した故小野塚イツ子さんの遺言で計16区画の土地・建物、預貯金(約9千万円)、有価証券など約4億円相当が小山市に寄贈された。市は約1億円で「小野塚記念青少年健全育成基金」を設立。問題の住居地はJR小山駅から南西に約700メートル。敷地は約1200平方メートル。市は当初、土蔵だけを残し、他は解体して緑地公園にする計画を立てたが、歴史遺産として保存を求める声が高まり、08年6月にれんが煙突、土蔵、旧しょうゆ工場の保存を決めた。

最新ニュース

写真・図版

ロスジェネ単身女性の老後 半数以上が生活保護レベル 自助手遅れ(2021/10/14)会員記事

 就職氷河期に世に出た「ロスジェネ」と呼ばれる世代の単身女性たちは、老後に貧困化する可能性が高い。そんな衝撃的な未来予測がある。未婚・離別のロスジェネ女性には、なぜ落とし穴が待ち構えているのか。この結…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】「日本人好みではずれなし」

    プロ絶賛のロシア料理店

  • 写真

    【&Travel】フランス王妃が好んだ菓子

    欧州おいしい旅

  • 写真

    【&Travel】コロナ禍とギリシャの島

    おうちで世界旅行

  • 写真

    【&M】卵型の凝縮感あるスタイル

    初代「日産ムラーノ」

  • 写真

    【&w】多様性の街・ニューヨーク

    久保純子 LIFE in N.Y.

  • 写真

    好書好日女性とスピリチュアリティ

    妊娠・出産めぐる状況を考察

  • 写真

    論座新自由主義と非正規雇用

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン自慢の手土産#71

    「明神水産」の藁焼きたたき

  • 写真

    Aging Gracefully近くに海がある暮らし

    暮らしのバランスを変える時

  • 写真

    GLOBE+自分の絶滅を早めている私達

    恐竜の運命から学ぶべきこと

  • 写真

    sippoシニアが保護犬猫を迎え

    万が一の時は保護団体が支援

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ