メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

風俗店

関連キーワード

  • 南一番街(2008年09月06日 朝刊)

    69年の市の区画整理で、市内から店が集まり商店街を形成。当時としては先端だったアーケード(02年撤去)も設けた先進的な商店街だった。出店したのは、駅北の日光例幣使(れいへいし)街道沿いに古くからあり、市内随一の商店街だった「本町地区」の経営者らが多かった。その後、経営者の一部は80年前後に開店した駅前と市南部のショッピングビルやセンターの運営に参加して出店、南一番街から店舗経営の軸足を移すケースが出始めた。やがて、バブル経済の崩壊による経営難と相まって、南一番街の店舗は賃貸に出されるケースが増えていく。賃貸料が比較的高かったうえ、面積の広い店舗が多かったため、風俗店の賃借が増えたという。最盛期には86人いた太田南一番街商店街振興組合の組合員は、土地売却などで減って現在は42人。

  • 大阪府風俗案内所条例(2009年06月11日 夕刊)

    案内所が街の景観を損ねるとして、過激な看板や営業時間を規制する内容の条例が06年2月に施行された。今年4月の改正で、全国で初めて性風俗店への案内が禁じられ、飲食店などの案内に限られるようになった。大阪府警によると、案内所の数は、08年11月末にミナミの95店を筆頭に府内で計212店にのぼっていたが、規制強化を受けて今月8日現在では57店に減少したという。一方、性風俗店への客引き行為はそもそも風営法で原則禁止されているが、05年の府迷惑防止条例改正でさらに厳しく取り締まられるようになった。

  • 改正愛知県迷惑行為防止条例(2013年12月17日 朝刊)

    接待を伴う飲食店や風俗店の客引きは、一言でも声を掛けることや、立っているだけでも違反の対象になる。今年6月に施行され、規制の対象は錦三・栄(名古屋市中区)、名古屋駅前(同市中村区椿町)、松葉(豊橋市松葉町など)の県内3地区。違反者には県公安委員会から再発防止命令が出され、さらに違反を繰り返すと、懲役6カ月以下または罰金100万円以下が科せられる。懲役刑まである愛知県は厳しくなっている。

最新ニュース

写真・図版

神奈川)横浜の京急高架下にアートな小ハウス(2018/9/16)

 かつての風俗街から、アートによるまちづくりが進む横浜の黄金町・日ノ出町エリア。この地を走る京急線の高架下に4月末、米国で広まった車輪付き小型住宅「タイニーハウス」を活用した商業施設がオープンした。イ…[続きを読む]

風俗店をコトバンクで調べる

注目コンテンツ