メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月05日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

飲酒運転

関連キーワード

  • 飲酒運転の厳罰化(2012年03月16日 朝刊)

    1999年11月、東京・世田谷の東名高速で、飲酒運転の大型トラックが乗用車に追突。3歳と1歳の姉妹が焼死した。運転手は業務上過失致死傷罪に問われたが、最高刑がわずか5年だったため、被害者を中心に厳罰化を求める声が高まった。2001年に最高で懲役15年(05年には20年に)を科す危険運転致死傷罪が新設され、02年に施行された改正道路交通法では、酒気帯び運転の懲役の上限が3カ月から1年になった。06年には福岡市職員(当時)が飲酒運転で車に追突し、幼児3人を死亡させる事件が発生。07年の道交法改正で、酒気帯び運転は最高3年の懲役となり、酒類提供罪もできた。09年には酒気帯び運転で、アルコール濃度が呼気1リットルあたり0.25ミリグラム以上なら免許が取り消されることになった。

  • 飲酒運転幇助の厳罰化(2008年09月20日 朝刊)

    改正道路交通法が昨年9月19日に施行されるまで、飲酒運転を助ける行為には刑法62条の幇助罪が適用され、最高で懲役1年6カ月または罰金25万円が科されていた。改正後、車両提供には最高で懲役5年または罰金100万円、酒類提供と同乗には最高で懲役3年または罰金50万円が科されることになった。飲酒運転も厳罰化され、最高で懲役5年または罰金100万円に。昨年9月19日〜今年9月15日の県内の飲酒運転の検挙は、前年同期の541件から374件に減っている。

  • 福岡市の3児死亡飲酒運転事故(2011年11月03日 朝刊)

    2006年8月25日午後10時50分ごろ、福岡市東区の海の中道大橋で、大上哲央(あきお)さん(38)が運転するRVが後続車に追突されて海に転落し、同乗していた長男(当時4)、次男(同3)、長女(同1)が水死した。大上さんと妻かおりさん(34)も全身にけがをした。福岡県警が現場から逃げた今林被告を業務上過失致死傷などの容疑で逮捕。福岡地検は危険運転致死傷罪などで起訴した。

最新ニュース

写真・図版

警視庁、首都高で飲酒検問 異例、本線封鎖しPAに誘導 「検問ないからばれない」一掃狙う(2022/7/2)

 警視庁は1日深夜、東京都内で初めてとなる高速道路内での飲酒検問を実施した。飲酒運転が原因の交通事故が首都高速で相次いでおり、「検問のない高速道路なら飲酒運転してもばれない」といったドライバーを一掃す…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ