メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)

関連キーワード

  • 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)(2012年07月20日 朝刊)

    都心の渋滞緩和のために、外環道などとともに首都圏を環状に結ぶ自動車専用道として1987年に計画された。環状道路では最も外側の都心から半径40〜60キロにあり、総延長約300キロ。これまでに2・2兆円の事業費が投入されたが用地買収が難航。約110キロが完成しているが、全線開通のめどはたっていない。

  • 圏央道(首都圏中央連絡自動車道(2015年12月07日 朝刊)

    都心から半径40〜60キロ圏を環状に結ぶ自動車専用道路で、総延長約300キロ。6月7日に開通した神崎IC—大栄JCTでは、1日約1万台(10月)が通行する。つくば中央IC(茨城県つくば市)—境古河IC(同県境町)間が開通すると、東北道や東名高速など六つの高速道路が圏央道でつながる。県内の大栄JCT—松尾横芝ICの開通時期は未定。

  • 圏央道(2017年02月25日 夕刊)

    首都圏中央連絡自動車道の略称。1963年に構想が発表され、87年の第4次全国総合開発計画でほぼ現在の計画にまとまった。都心を迂回して横浜市と千葉県木更津市を結ぶ約300キロの環状道路で、総事業費は3.4兆円以上。用地買収中で工事の見通しが立たない千葉県内の大栄JCT—松尾横芝IC(18.5キロ)以外は、東京五輪・パラリンピックがある2020年度までに開通する見通し。

最新ニュース

写真・図版

「津久井在来大豆」の枝豆が収穫期 相模原(2020/10/13)

 相模原市緑区の旧津久井郡地域で、古くから伝わる「津久井在来大豆」の枝豆が収穫期を迎えている。糖分が多く甘みがあるといい、一時は廃れかけたが、地元農家が20年前から栽培に取り組んで復活させた。地元の直…[続きを読む]

首都圏中央連絡自動車道をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】回り道の量で変わってくる

    刈谷仁美さんインタビュー

  • 写真

    【&TRAVEL】もう、うっとりするおいしさ

    佐賀のお茶やお菓子を訪ねて

  • 写真

    【&TRAVEL】暮らしに溶け込む現代工芸

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】ビールとの相性抜群!

    食通シェフが唸ったハムカツ

  • 写真

    【&w】高田賢三の生き方とは

    「ケンゾー」デザイナー

  • 写真

    好書好日クトゥルー神話の豊潤な世界

    若い世代に広まったわけ

  • 写真

    論座大学非常勤講師とコロナ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン俳優・町田啓太が嗜む

    セットアップのオンとオフ

  • 写真

    T JAPAN森に溶け込むシンプルな家

    北欧の建築家夫妻の別荘

  • 写真

    GLOBE+民主主義はだめな制度?

    政治学者・吉田徹に聞く

  • 写真

    sippo犬のキスシーンに胸キュン

    話題の映画『わんわん物語』

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ