メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

骨太の方針

関連キーワード

  • 骨太の方針(2013年06月07日 朝刊)

    政権が進める財政・経済政策の基本方針。首相が議長を務める「経済財政諮問会議」でまとめる。小泉純一郎政権時代の2001年、官僚主導ではなく、首相官邸が政治主導で予算をつくるために始まった。来年度予算案づくりに着手する前の6月に閣議決定する。民主党政権は諮問会議と骨太の方針をやめたが、第2次安倍政権が復活させた。

  • 骨太の方針06(2009年07月26日 朝刊)

    小泉政権が06年7月に閣議決定した経済財政運営や構造改革の方針。社会保障費の伸び抑制(07年度から5年間で1.1兆円)や公共事業費削減(前年度比1〜3%)を挙げ、後の予算編成を縛った。11年度に国と地方の基礎的財政収支を黒字化する目標も掲げたが、今年の「骨太09」で先送りされた。

  • 骨太の方針と成長戦略(2015年07月01日 朝刊)

    骨太の方針は正式には「経済財政運営と改革の基本方針」という。国の税財政や経済政策の基本方針をまとめたもので、年末の予算編成や税制改正の指針となる。首相が議長を務める経済財政諮問会議で検討する。成長戦略の正式名は「日本再興戦略」で、経済成長を促す政策をまとめる。企業活動を活発にする規制緩和のような予算がなくても成長につながる取り組みが多く、政府の産業競争力会議で議論する。

最新ニュース

写真・図版

育休検討の小泉氏「日本って古いね」 与野党から賛否で(2019/9/14)有料会員限定記事

 年明けに子どもが生まれる予定の小泉進次郎環境相が、育児休暇取得を検討していることについて、賛否両論が巻き起こっている。「閣僚は重責。取るべきではない」という声の一方、海外では首相が育休を取得した例も…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ