メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

高千穂町

関連キーワード

  • 県議会の1人区(2008年11月26日 朝刊)

    定数1の1人区は串間市、えびの市、宮崎郡(清武町)、北諸県郡(三股町)、西諸県郡(高原町、野尻町)、東諸県郡(綾町、国富町)、西臼杵郡(高千穂町、日之影町、五ケ瀬町)の7選挙区。定数と選挙区見直しについて、県議会は現在45の定数を40か39に削減することで主要会派が合意。6以上削減するには、少なくとも現在は定数2の小林市、東臼杵郡、西都市・西米良村の3選挙区から一つずつ減らす案が有力なため、1人区はさらに増える可能性も。共産党は「多様な意見が県政に反映されない」として、議員定数の削減自体に反対している。

  • 旧松尾鉱山ヒ素公害(2009年07月06日 朝刊)

    旧松尾鉱山は1934年から58年まで断続的に操業し、採掘した硫ヒ鉄鉱から亜ヒ酸を製造した。72年3月、元従業員の慢性ヒ素中毒症が発覚。被害者らは鉱山を経営する旧日本鉱業に損害賠償を求めた。83年3月、宮崎地裁延岡支部は同社に対し、原告6人に約1億400万円の支払いを命じる判決を言い渡し、同社は翌4月、原告を含む被害者の会と協定書を締結した。宮崎県内では高千穂町の旧土呂久鉱山でもヒ素公害があり、松尾は「第2の土呂久」とも呼ばれた。

  • アジア砒素ネットワーク(AAN)(2013年04月04日 朝刊)

    高千穂町の旧土呂久鉱山で発生したヒ素汚染に苦しむ住民を支援した人たちが母体となって1994年に設立。96年から、バングラデシュの地下水汚染問題に取り組んでいる。これまでに設置した井戸や水の浄化施設は南西部を中心に477基にのぼるほか、住民の医療支援なども続けている。

最新ニュース

クラスター47件、17日連続 感染は過去2番目の409人(2022/1/28)

 宮崎県と宮崎市は27日、新たに409人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。過去最多となった26日の511人に次ぐ多さとなった。 感染者増の大きな要因が17日連続で確認されたクラスター(感染…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】40年の人生を駆け抜けた姉

    花のない花屋

  • 写真

    【&M】フレッシュなスパイス感

    口福のカレー 新宿の名店

  • 写真

    【&Travel】パフェが積み上がるライブ感

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】フリー・デザイナーの先駆者

    日野やプリンスも手がける

  • 写真

    【&w】26歳の双子、人生の交差点

    東京の台所

  • 写真

    好書好日本屋大賞候補で注目の作品は

    「六人の嘘つきな大学生」評

  • 写真

    論座「聞く力」岸田首相の術中

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこの人から買いたいこの一品 

    極上の着心地を提供する肌着

  • 写真

    Aging Gracefully大切なパートナーの体の悩み

    互いに知っておくことが需要

  • 写真

    GLOBE+綿あめ機からマスク製造

    祖国救う沖縄のインド人学者

  • 写真

    sippo体の弱い先住犬と元気な後輩

    前途多難な多頭飼育に罪悪感

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ