メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

高層マンション

関連キーワード

  • グランフロント大阪(2011年10月16日 朝刊)

    大阪・梅田のJR貨物駅跡24ヘクタール(通称うめきた)のうち、先行開発区域7ヘクタールで、三菱地所やオリックス不動産など計12社が開発する。ナレッジキャピタルの運営会社の株主も同じ12社。オフィス23万平方メートル、商業施設8万平方メートルのほか、客室数200のインターコンチネンタルホテル、最高価格4億円の高層マンションが建設中。残る14ヘクタール分(2期開発区域)の開発計画はまだ決まっていない。

  • 柏の葉スマートシティ(2014年08月25日 夕刊)

    三井不動産がつくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅周辺の12万7千平方メートルに約1千億円を投じて開発した。「環境共生」「健康長寿」などがコンセプト。商業施設、オフィス、高層マンション、ホテルなどがあり約5千人が暮らす。中心街区が7月にオープンした。太陽光や風力発電に加え、大型の蓄電池をそなえる。余裕があるときに電力をため、平日のオフィス、休日の商業施設など、必要な施設に効率的に電力を送る。街区間で電力の融通もしている。無人の中央制御室でコントロールし、災害時の停電を防ぐことにも役立つ。従来型の街づくりをした場合と比べて、2030年の二酸化炭素(CO2)排出量6割削減を目指す。

  • 武蔵小杉(2014年09月03日 朝刊)

    かつて工場や変電所、企業のグラウンドがあった武蔵小杉駅前。2007年に不二サッシの工場が移転し、再開発が始まった。10年にJR横須賀線の新駅ができ、都心へのアクセスは格段に向上。JRと東急をあわせた駅の1日の平均乗降客数は約40万5千人にのぼる。超高層マンションは現在8棟。駅周辺の3キロ圏内に15万世帯、32万人が暮らすという民間調査もある。ショッピングセンターの開店も相次ぎ、商業地の基準地価は昨年、全国トップの伸び率だった。

最新ニュース

写真・図版

ゆがんだ統計 こうして政策の根幹はぐらついていった(2019/3/26)有料会員限定記事

 国の政策や意思決定の根幹になるはずの統計。厚生労働省での統計不正を発端に、そのゆがみが明らかになりつつあります。統計をめぐる内実とその背景を全4編で追います。ラインアップは以下の通り。【#1】記述な…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】結婚か退職か、恩師の助言は

    花のない花屋

  • 写真

    【&TRAVEL】岩のせり出す山道を探検!

    美しく険しいフランスの渓谷

  • 写真

    【&M】いすゞベレット1600MX

    小川フミオ「世界の名車」

  • 写真

    【&w】美食を発信する気鋭のシェフ

    地元ならではの恵み〈PR〉

  • 写真

    好書好日「100万回生きたねこ」?

    滝沢カレンさんが超解釈

  • 写真

    論座野生ネコの害をめぐる悩み

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    「菓実の福」のフルーツ大福

  • 写真

    T JAPAN老舗酒蔵のヘルシードリンク

    気になる悩みをサポート

  • 写真

    GLOBE+中国一美しい本屋

    変わる書店、最前線

  • 写真

    sippo元保護犬・保護猫がいる家

    夫婦が動物を選ぶ基準とは

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ