メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

高山植物

関連キーワード

  • エゾシカの状況(2011年08月27日 朝刊)

    道によると、昨年10月現在の推定生息数は過去最高の約65万頭。農業被害も深刻で、道は駆除に力を入れる。昨年度の捕獲数は約10万頭だった。ただ、今よりも増やさないためには年間に約13万頭の捕獲が必要と言われる。エゾシカは明治開拓期の乱獲で一時は激減した。その後、オオカミが絶滅したり、暖冬で餓死が減ったりしたため、1990年ごろから急増。主に平地の草やササを食べるが、数が増えたために生息域が広がり、高山植物も食べるようになったとみられる。

  • 国立公園霧島(2014年03月10日 朝刊)

    1934年3月16日に日本初の国立公園の一つとして「霧島国立公園」が指定を受けた。64年に錦江湾と屋久島地域が編入され、2012年には屋久島が分離。現在は「霧島錦江湾国立公園」(陸海域の総面積7万4441ヘクタール)となっている。霧島地域は陸域2万386ヘクタールに韓国岳(1700メートル)、高千穂峰(1574メートル)、新燃岳(1421メートル)などの山々が密集。連山の景観や火山活動で育まれた生態系は貴重とされ、高山植物のミヤマキリシマやノカイドウはその代表例だ。

  • 秋田駒ケ岳(2014年06月19日 朝刊)

    岩手県境に位置し、日本最大級のコマクサ群落やチングルマなど高山植物の宝庫で「花の名山」と呼ばれる。初心者でも気軽に楽しめるとして、中高年の登山ブームを背景に人気を集める。仙北市観光課によると、昨年度の登山者数は約3万6千人。

最新ニュース

写真・図版

動物園への移送組、順調に成育 ライチョウ復活のかぎ握る4羽(2021/9/14)

 長野市の茶臼山動物園で、中央アルプス生まれの国の特別天然記念物ライチョウのヒナたちが順調に育っている。半世紀前に絶滅したとされる中央アルプスで環境省が進める「復活作戦」の一環。来夏には、動物園生まれ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】密避け楽しむ庭園ライブ

    楽しいひとり温泉 新潟

  • 写真

    【&w】試行錯誤を重ねた鯛めし

    京都の出汁専門店とコラボ

  • 写真

    【&Travel】大空に込めた思いは

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&M】現代美術家を虜に!

    NY「2番街」の注目文化施設6選

  • 写真

    【&w】おうちで作る、簡単よだれ鶏

    料理家・冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日「月夜の森の梟」の魅力探る

    小池真理子の人気エッセー紹介

  • 写真

    論座パラリンピック真のレガシー

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビジネストリップの相棒に。

    ラルディーニのジャケット

  • 写真

    Aging Gracefully黒谷友香さんの美脚の秘訣

    素敵に年齢を重ねる体のケア

  • 写真

    GLOBE+古都ベオグラードが刻む歴史

    大国の興亡、NATOの空爆

  • 写真

    sippo散歩を知らない元繁殖犬

    甘えん坊な末っ子として暮らす

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ