メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

高野山真言宗

関連キーワード

  • 八事山興正寺(2013年02月05日 朝刊)

    徳川5代将軍綱吉時代の1688年に建立された高野山真言宗の別格本山。尾張徳川家の祈願所として知られ、「尾張高野」とも呼ばれる。17世紀以来の建造物が多く残り、五重塔は国の重要文化財。紅葉の名所でもあり、毎月の縁日やイベントなどに年間15万人以上が訪れる。

  • 真言宗(2013年04月22日 朝刊)

    弘法大師空海(774〜835)が唐で学んだ密教を教義に平安初期に開いた。高野山真言宗は宗派の一つ。総本山は高野山金剛峯寺。真言宗の信者約786万人のうち高野山真言宗は約393万人とされる。

  • 禅林寺(2017年04月12日 朝刊)

    高野山真言宗に属する。開創は天平時代という。近畿地方などの寺でつくる西国四十九薬師霊場の一つ。健康や長寿に御利益があるとされる高野長峰霊場10カ所の第1番札所でもある。地元では「幡川のお薬師さん」として親しまれている。

最新ニュース

写真・図版

京都)26日から京都非公開文化財特別公開(2019/4/25)有料記事

 26日から始まる春の「京都非公開文化財特別公開」(京都古文化保存協会など主催、朝日新聞社特別協力)を前に、京都市山科区の安祥寺(あんしょうじ)で内覧会があり、本尊の十一面観音立像(りゅうぞう)(国重…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ