メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

麻酔科

関連キーワード

  • 臨床研修制度(2013年12月17日 朝刊)

    研修医が幅広く基本的な診療能力を身につける目的で、2004年に始まった。医師国家試験合格後の2年間で、内科と救急、地域医療研修の必修3項目と、外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科から2項目を学ぶ。

  • 臨床研修制度の期間短縮方針(2009年05月27日 朝刊)

    政府が10年度から実施する制度改正の柱の一つ。これまでは、医師国家試験合格後の2年間で七つの診療科が必修だったが、改正後は必修を内科、救急、地域医療の三つに限定する方針。外科、麻酔科、産婦人科、小児科、精神科については、うち二つを選択すればよいとしている。これにより、研修期間が実質的に1年間に短縮される。専門の診療科を決めるタイミングを早めることで、専門性の高い大学病院に進む研修医を増やす狙いがある。

  • 開業医(2009年09月27日 朝刊)

    骨折にもぜんそくにも対応できる幅広い初期治療の知識が求められる。日本では、医師免許があれば麻酔科以外の診療科を自由に掲げて開業できる。欧米では、開業医も、日本の心臓外科の専門医などと同様、決められた初期治療の研修を数年間受け、試験に合格することが必要とされる。しかし、日本では、そうした初期治療の専門性を認定する仕組みはない。日本の開業医の中で、欧米で初期治療医の資格を取るなど勉強熱心な医師が多く参加する日本プライマリ・ケア学会など3学会は来春合併し、日医とは別に認定医制度を始める。

最新ニュース

写真・図版

(病床問題を考える:5)ハコより足りない専門人材 西田修さん、岡秀昭さん(2021/11/10)有料会員記事

 なぜ病床は足りなくなったのか。この夏の新型コロナウイルス感染症の「第5波」で問題だった点や、改善すべきポイントについて、最終回は日本集中治療医学会の西田修理事長と、埼玉医科大学総合医療センターの岡秀…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】常盤貴子さんが京都を旅する

    美しいうつわを求めて<PR>

  • 写真

    【&w】孤独を支えた古い台所道具

    東京の台所2

  • 写真

    【&Travel】沖縄本島北部の森と海

    カメラは旅する

  • 写真

    好書好日フードデリバリーの仕事は

    脱サラ配達員が漫画で紹介

  • 写真

    論座習氏「独裁」で変貌する中国

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン新しいリーダー論。[後編]

    元ラグビー日本代表 廣瀬俊朗

  • 写真

    Aging Gracefully広末涼子さんインタビュー

    年齢を重ねる楽しみとは

  • 写真

    GLOBE+捨てた量を厳しく管理

    「ごみゼロ」先進地、イタリア

  • 写真

    sippoわなにかかり処分寸前の母犬

    子犬と共に穏やかで幸せな日々

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ