メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

黒い雨

関連キーワード

  • 黒い雨(2020年08月12日 夕刊)

    原爆投下後、広島にすすなどを含む黒い雨が降った。1945年の地元気象台技師らの調査では爆心地の北西方向の「東西15キロ、南北29キロ」で降り、うち「東西11キロ、南北19キロ」が大雨と分析。国は76年、大雨地域に限り援護対象とした。特定疾病を発症すれば被爆者健康手帳が交付され、医療費自己負担分がなくなる。県と市の調査などではより広範囲で降ったとされる。

  • 黒い雨(2015年11月04日 朝刊)

    核爆発で生じた放射性物質と焼けた建物の煤などが上空に達し、雨雲ができた。広島の気象台は爆心地の「東西15キロ、南北29キロ」で黒い雨が降り、このうち「東西11キロ、南北19キロ」が大雨地域と分析。国は76年に大雨地域を援護対象区域に指定した。一方、被爆地・長崎でも限られた地域で黒い雨が降ったとされ、雨を浴びて被爆したと訴える訴訟も起きている。長崎地裁は12年6月の判決で「証拠がない」と退け、福岡高裁で控訴審が続いている。

  • 黒い雨と援護地域(2012年05月30日 朝刊)

    原爆投下直後に降った放射性物質を含む雨を「黒い雨」という。広島管区気象台が1953年に発表した調査で、激しい雨が降ったとされる東西11キロ、南北19キロについて国は76年、「大雨地域」に指定。(1)公費で健康診断が受けられる(2)がんなどの疾病になった場合、被爆者健康手帳に切り替えられる——援護地域と認めた。弱い雨が降ったとされた「小雨地域」は援護対象外とした。一方、広島市と県は、3万7千人に行った2008年度の健康意識調査で「大雨地域」の外でも黒い雨を浴びたという回答が多かったことなどから、援護地域を約6倍に広げるよう求めてきた。

最新ニュース

写真・図版

安倍前首相の体調悪化 総理番こそ感じ、伝えられること(2020/10/7)会員記事

 首相の一挙手一投足を追う「総理番」として、7年8カ月余り続いた安倍政権の終わりを間近で取材した。持病再発を理由とする辞意表明という多くの人の予期せぬ格好で、歴代最長政権は幕が引かれた。ただ、安倍晋三…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】教室のデジタル機器利用率

    トップのデンマークの実情

  • 写真

    【&TRAVEL】連ドラ「あまちゃん」の舞台

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&TRAVEL】今度は堂々とした立ち姿

    永瀬正敏が撮った台湾

  • 写真

    【&M】カレーと音楽が楽しめる 

    フォレスター(東京・中目黒)

  • 写真

    【&w】秋ですよ!きのこのピラフ

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日メンタル不調、回復する近道

    伊藤絵美さんの「セルフケア」

  • 写真

    論座オスプレイの脅威は続く

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいい歌詞とは何なのか?

    心に響きつづける応援歌

  • 写真

    T JAPANエンタメ界のダイバーシティ

    障がいのある表現者が望むこと

  • 写真

    GLOBE+#MeTooで起きた変化

    キム・ジヨン著者インタビュー

  • 写真

    sippoオヤツをくれるまで諦めない

    猫よ、その根気を娘に教えて

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ