メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

黒い雨

関連キーワード

  • 黒い雨(2020年08月12日 夕刊)

    原爆投下後、広島にすすなどを含む黒い雨が降った。1945年の地元気象台技師らの調査では爆心地の北西方向の「東西15キロ、南北29キロ」で降り、うち「東西11キロ、南北19キロ」が大雨と分析。国は76年、大雨地域に限り援護対象とした。特定疾病を発症すれば被爆者健康手帳が交付され、医療費自己負担分がなくなる。県と市の調査などではより広範囲で降ったとされる。

  • 黒い雨(2015年11月04日 朝刊)

    核爆発で生じた放射性物質と焼けた建物の煤などが上空に達し、雨雲ができた。広島の気象台は爆心地の「東西15キロ、南北29キロ」で黒い雨が降り、このうち「東西11キロ、南北19キロ」が大雨地域と分析。国は76年に大雨地域を援護対象区域に指定した。一方、被爆地・長崎でも限られた地域で黒い雨が降ったとされ、雨を浴びて被爆したと訴える訴訟も起きている。長崎地裁は12年6月の判決で「証拠がない」と退け、福岡高裁で控訴審が続いている。

  • 黒い雨と援護地域(2012年05月30日 朝刊)

    原爆投下直後に降った放射性物質を含む雨を「黒い雨」という。広島管区気象台が1953年に発表した調査で、激しい雨が降ったとされる東西11キロ、南北19キロについて国は76年、「大雨地域」に指定。(1)公費で健康診断が受けられる(2)がんなどの疾病になった場合、被爆者健康手帳に切り替えられる——援護地域と認めた。弱い雨が降ったとされた「小雨地域」は援護対象外とした。一方、広島市と県は、3万7千人に行った2008年度の健康意識調査で「大雨地域」の外でも黒い雨を浴びたという回答が多かったことなどから、援護地域を約6倍に広げるよう求めてきた。

最新ニュース

写真・図版

被爆体験者への支援めぐる岸田首相の回答 長崎市長「非常に残念」(2022/8/13)

 長崎市の田上富久市長は12日の会見で、長崎への原爆投下に関連して、県と市が7月、「被爆地域外でも『黒い雨』が降った」とする報告書を国に提出し、被爆者と同じように救済するよう求めたことへ岸田文雄首相か…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】美しい東京をゆく

    サステイナブルな旅<PR>

  • 写真

    【&w】夏の海の景色、大切な場所

    知花くらら、海辺の暮らし

  • 写真

    【&TRAVEL】街じゅうがフォトスポット!

    世界の街へ バージニア州

  • 写真

    【&M】変わりゆく「紳士」の定義

    Lorenzo STYLE

  • 写真

    【&w】大地に懸ける農家の物語

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日「普通の家族」を求める怖さ

    漫画家やまもとりえが新作

  • 写真

    論座院内学級の希望と課題

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンたき火で作るラタトゥイユ

    山小屋おやじ・シゲさんの一品

  • 写真

    Aging Gracefully板谷由夏さんインタビュー

    “手放すことの楽しさ”とは

  • 写真

    GLOBE+アグネス・チャンが見た

    母子家庭を支える支援のかたち

  • 写真

    sippo天から与えられたプレゼント

    白猫は音のない世界を生きる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ