メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

みをつくし語りつくし

みをつくし語りつくし

大阪ゆかりの著名人に、人生や大阪への思いを語ってもらうコーナーです。澪標(みおつくし)とは、浅瀬が多い場所で船が通りやすい深い水路を知らせる杭。和歌では「身を尽くし」の掛けことば。百人一首には元良(もとよし)親王の「侘びぬれば今はた同じ難波なるみをつくしても逢はんとぞ思ふ」の歌があり、水運で栄えた大阪市は市章も澪標をデザインしています。

コミュニティーソーシャルワーカー・勝部麗子さん

  • 写真・図版

    (みをつくし語りつくし)勝部麗子さん:1(2016/9/26)有料会員限定記事

    ■コミュニティーソーシャルワーカー■「困った人」は困っている 2年前にNHKで放映された「サイレント・プア」というドラマをご存じでしょうか。社会福祉協議会で働く「コミュニティーソーシャルワーカー」の主…[続きを読む]

  • 写真・図版

    (みをつくし語りつくし)勝部麗子さん:2(2016/10/3)有料会員限定記事

    ■コミュニティーソーシャルワーカー■無念さ・無力感で涙 福祉事務所は「最後のセーフティーネット」と言われる生活保護を取り扱うところです。大学を卒業したら福祉の道に進もうと考えていた私は「福祉事務所なら…[続きを読む]

  • 写真・図版

    (みをつくし語りつくし)勝部麗子さん:3(2016/10/6)有料会員限定記事

    ■コミュニティーソーシャルワーカー■ひとり助けることから ひとりの高齢者が階段を下りられないというので、購入した階段昇降機の貸し出しを始めるとボランティアセンターには依頼が相次ぐようになりました。解決…[続きを読む]

  • 写真・図版

    (みをつくし語りつくし)勝部麗子さん:4(2016/10/13)有料会員限定記事

    ■コミュニティーソーシャルワーカー■「なかま」共生の拠点 どうして共同作業所でつくった商品を並べ、障害のある人たち自らが売る共同店舗をつくりたかったのか。理由はいくつかあります。 一つ目は活動の「見え…[続きを読む]

  • 写真・図版

    (みをつくし語りつくし)勝部麗子さん:5(2016/10/19)有料会員限定記事

    ■コミュニティーソーシャルワーカー■疲れ果て「仕事やめる」 すこし個人的な話をします。小学校区のボランティア活動を強化する「小地域福祉ネットワーク活動」への協力を呼びかけて、地域を回り始めた1996年…[続きを読む]

  • 写真・図版

    (みをつくし語りつくし)勝部麗子さん:6(2016/10/26)有料会員限定記事

    ■コミュニティーソーシャルワーカー■ごみ屋敷 孤立の象徴 2004年、コミュニティーソーシャルワーカーになって取り組んだことの一つが「ごみ屋敷」の問題です。 そのころ、気になっていた70代半ばくらいの…[続きを読む]

  • 写真・図版

    (みをつくし語りつくし)勝部麗子さん:7(2016/11/1)有料会員限定記事

    ■コミュニティーソーシャルワーカー■費用抑えて「リセット」 大阪府豊中市では、ごみ屋敷は「福祉ゴミ処理プロジェクト」と名付けたルールに従って、片付けから運搬、焼却までを行っています。以前は「ごみ屋敷リ…[続きを読む]

  • 写真・図版

    (みをつくし語りつくし)勝部麗子さん:8(2016/11/8)有料会員限定記事

    ■コミュニティーソーシャルワーカー■橋下さんに「現場見て」 2008年10月22日、当時の橋下徹・大阪府知事が大阪府豊中市にやって来ました。府の財政再建プログラム案で、地域の福祉活動とコミュニティーソ…[続きを読む]

  • 写真・図版

    (みをつくし語りつくし)勝部麗子さん:9(2016/11/15)有料会員限定記事

    ■コミュニティーソーシャルワーカー■震災支援、街を強くする 東日本大震災が起きた翌日の2011年3月12日、私たち大阪府豊中市社協は災害支援対策本部を立ち上げ、15日には街頭募金を始めました。 豊中市…[続きを読む]

  • 写真・図版

    (みをつくし語りつくし)勝部麗子さん:10(2016/11/24)

    ■コミュニティーソーシャルワーカー■「8050問題」注視 去年8月、大阪府豊中市内で50代の娘さんが玄関先で亡くなっていて、80代のお父さんが奥の布団の上で白骨化しているのが見つかりました。 お父さん…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ