メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

DNA鑑定

関連キーワード

  • DNA鑑定(2011年05月08日 朝刊)

    A、G、C、Tの4種の30億にのぼる配列で遺伝情報を伝えるDNAの中には、同じ配列が繰り返されている部分がある。STR法は人によってこの繰り返しの回数が異なることを利用して個人を特定する。着目点は十数カ所なのでDNAが傷むと判定が難しくなる。1文字の違いである一塩基多型(SNP)で判定するSNP法は、数十万カ所で突き合わせるので、DNAがかなり傷んでいても判定できる。

  • 戦没者遺骨のDNA鑑定(2017年06月22日 朝刊)

    これまでは遺骨の発見場所と軍の行動記録や埋葬記録などが、ある程度わかっていることが前提で、厚労省が案内を出し、それに応じた軍人や軍属の遺族に限られていた。「遺骨収集は国の責務」と明記した戦没者遺骨収集推進法が昨年施行され、厚労省は取り組みを強化。沖縄では、昨年度は対象は4地域の遺骨75柱だったが、今年度は10地域に広げ、戦没者が軍人・軍属か民間人かを問わず、鑑定を希望する遺族を公募。遺族がDNAを提供し、骨と比較する。

  • 公訴時効(2011年10月30日 朝刊)

    犯罪行為が終わった時から一定の期間が経過すると起訴ができなくなるとした刑事訴訟法の規定。DNA鑑定など科学捜査の技術向上や被害者遺族の強い要望があり、昨年4月の法改正で、殺人や強盗殺人など人を死なせて死刑になり得る犯罪の時効は撤廃された。殺人未遂事件は05年の改正で15年から25年に延びたが、御嵩町長襲撃事件は改正前に発生したため15年のまま。犯人が海外にいる期間は時効が停止する。

最新ニュース

南アで死亡の男、本人と矛盾せず 19年前の殺人容疑者(2022/8/12)

 19年前に東京都奥多摩町の山中で男性の切断遺体が見つかった事件に関わったとして、殺人容疑などで国際手配されていた松井知行容疑者の親族のDNA型と、南アフリカで死亡した男の遺体のDNA型を鑑定した結果…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】「カツカレー」発祥の店

    口福のカレー

  • 写真

    【&Travel】香港のイメージ通りの場所で

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&TRAVEL】気になるピンクのハート

    上から撮るか、下から撮るか

  • 写真

    【&M】僕に大切にされてね。

    ドキドキを提供する歌

  • 写真

    【&w】希望を灯したのは妻の言葉

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日上白石萌音が訳す赤毛のアン

    翻訳家河野万里子と往復書簡

  • 写真

    論座元首相銃撃 残った課題(上)

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン環境に配慮した素材を用いた

    メレルのスニーカー

  • 写真

    Aging Gracefully更年期の対処法とは

    スペシャル対談 Vol.4〈前編〉

  • 写真

    GLOBE+女性映画の世界がわかる本

    韓国エンタメの新しい波

  • 写真

    sippo天から与えられたプレゼント

    白猫は音のない世界を生きる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ