メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

SNS

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Social Networking Service)の略称。フェイスブックやツイッター、ユーチューブなど、メッセージや写真、動画をグループ内で共有したり、不特定多数に発信したりできるサービス。

関連キーワード

  • SNS(2012年09月06日 朝刊)

    ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略で、人と人とのつながりを支援するインターネット上のサービス。ネット上に自分の履歴書を載せ、共通の趣味などを持つほかの会員たちとメッセージをやり取りしながら、交友を広げられるフェイスブックが代表格。

  • SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)(2012年04月25日 朝刊)

    登録した会員同士が双方向で情報をやりとりできるインターネット上の交流サイト。フェイスブックは原則として実名で登録するので、相手がどんな人なのか分かったうえで交流できる。利用者は世界で9億人超。ツイッターは「つぶやき(ツイート)」と呼ばれる140字以内の短文を投稿する仕組み。利用者ごとに専用ページが割り当てられ、自分の投稿とあらかじめ「フォロー」(登録)した人の投稿が時系列で表示される。利用者は世界で1億4千万人以上。会員登録が不要の「2ちゃんねる」などはSNSに含まれない。

  • SNSと災害(2012年03月22日 朝刊)

    東日本大震災では情報伝達手段として、即時性のあるツイッターなどのSNSが活躍した。気象情報会社ウェザーニューズの調査によると、全国(被災地を除く)で震災後に固定電話や携帯電話・メールで家族らに連絡を取ろうとした人が平均3時間以上かかったのに対し、SNSを使った人は平均1時間59分だった。*次回は4月3日、新シリーズは「転勤族へ」です。

最新ニュース

写真・図版

福岡)カードゲーム「SEh」でSDGs学ぶ 中間高生(2019/9/19)有料記事

 国連が採択した17分野にわたる「持続可能な開発目標」(SDGs)への関心と理解を深めようと、中間高校(福岡県中間市)の生徒たちが18日、SDGsを題材にしたカードゲーム「SEh(シー)」を体験した。…[続きを読む]

SNSをコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ