現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 城の現代史
  5. 記事

城の現代史

[23]小谷城 来年の大河「江」の舞台、全国発信へ

2010年10月5日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:小谷城跡を説明する中山孫孝さん。後方は本丸跡の石垣拡大小谷城跡を説明する中山孫孝さん。後方は本丸跡の石垣

地図:  拡大  

 来年のNHK大河ドラマの主人公は、浅井家3姉妹の末っ子「江(ごう)」。数奇な運命のもと、江戸幕府2代将軍徳川秀忠の正室となり、3代将軍家光を生んだ女性だ。

 3姉妹が生まれ、育ったのが近江の小谷(おだに)(滋賀県長浜市)。標高495メートルの小谷山に築かれた城は戦国時代の代表的な山城だ。昔ながらの山道をたどり、各曲輪(くるわ)を巡ることができる。馬洗池や本丸の石垣が当時の姿をとどめている。今月中旬には城跡でもドラマの撮影が行われ、地元エキストラも参加して「城攻め」を再現した。

 城主は浅井長政、妻は織田信長の妹お市…

本文の続きは、Astandでお読みいただけます。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…