マッコウクジラの全身骨格がやってきた 大哺乳類展2

2019/3/19

天井からつるされ、ボルトでつなげられていくのは、体長16メートルの巨大なマッコウクジラの全身骨格。2005年7月、鹿児島県南さつま市の海岸に漂着したオスのもので、解剖調査のあと浜に埋められ、09年春に東京・上野の国立科学博物館が... [続きを読む]

ランキング

10月18日0時2分更新

新着

チャンネル