京都では池の周りを馬走る 競馬場名物、たまたま残った

2020/1/23

■「まだまだ勝手に関西遺産」春の天皇賞や菊花賞など、日本中央競馬会(JRA)最高峰のレースが開かれる京都競馬場(京都市伏見区)のシンボルといえば、コース内側に広がる大きな池だ。周囲約1100メートル。面積は約6ヘクタールと阪神... [続きを読む]

ランキング

2月26日21時2分更新

新着

チャンネル