深海に36年前のハンバーグ袋 房総沖、プラごみ調査

2020/7/1

深さ5千メートル超の海底で、海洋研究開発機構の有人潜水調査船「しんかい6500」のライトに浮かび上がったのは、プラスチック製のハンバーグの袋だった。自然界に出たプラスチックは長く残り続ける。深海に沈む40年近く前の生活ごみは、ご... [続きを読む]

ランキング

8月15日0時2分更新

新着

チャンネル