「日本の作戦、死地の戦闘ばかり」兵士が見たノモンハン

2020/8/14

地平線まで延々と続く行軍を、ロングショットでとらえた1枚の写真がある。1939年6月下旬、旧満州国の国境に近く、兵営があったハイラルからノモンハンの最前線まで、徒歩で移動する日本兵の姿だ。その中に、当時24歳の川畑博信上等兵が写... [続きを読む]

ランキング

9月30日12時3分更新

新着

チャンネル