震えて書いた特攻命令書 「人殺しと一緒」95歳の後悔

2020/8/20

太平洋戦争末期、米軍の艦船に体当たりする攻撃で多くの命が失われた特攻。日本統治下の台湾で多胡恭太郎(たごきょうたろう)さん(95)に課せられたのは、どの隊の何機を特攻機として飛び立たせるかを指示する「命令書」作りだった。「敵... [続きを読む]

ランキング

10月26日18時2分更新

新着

チャンネル