「香港の豚」だった私が催涙弾を浴びるまで バーの出会いで人生一変

2022/1/22

■連載「それでも、あなたを」香港編①「大量のコショウを飲まされたような感覚」それが、黄暁晴が催涙弾を生まれて初めて浴びたときの感想だった。2019年6月、暁晴が、刑事事件の容疑者を中国に引き渡せるようにする「逃亡犯条例... [続きを読む]

ランキング

5月22日6時3分更新

新着

チャンネル