「猫が背中に…」かつてのG1馬の穏やかな日々 引退馬救う取り組み

2022/7/30

引退した競走馬が処分されないように救いたい――。たとえ「全頭救えないと意味がない」と言われても、地道に挑戦を続けてきた。いま活動の輪が全国に広がっている。牧草地が広がり、いたる所でサラブレッドの親子が並ぶ。競走馬の8割が... [続きを読む]

ランキング

8月10日3時2分更新

新着

チャンネル